2023年04月20日

植物のためのファンをいっぱい考えてみました

samune.jpg

前回の記事で植物用の無線防水ファンを作ったーと軽く触れました。実はこのファンを作るまでに紆余曲折してます。なので、本日は無線ファンにたどり着くまでの試作品をちょっとご紹介します。


【植物用ファン1号】
01.jpg

IMG_3895.JPG

まず、気密性の高い容器で植物が育成したかったので、着目したのはGEXのグラステリアFit用のシリコンスペーサーです。これを使えば約2mmの隙間を開けてフタを設置できます。植物は蒸れるのに弱いから、これくらいの隙間はありがたいですよね。

スクリーンショット 2023-04-19 235837.png

そんでもって、植物は実は風が好きなので、この隙間でも使えるファンが無いかな、と探したら、びっくりするほど小さいファンがありました。

IMG_3719.JPG

この超小さいファン、ぜひ使ってみたいな!と思って作ったのが【植物用ファン1号】です。

IMG_3896.JPG

水槽の隙間約2mmの隙間にひっかけて使える仕様にしてみました。めちゃくちゃいいなぁと思って満足してたんですが、これ防水じゃないんですよ。かなりビシャビシャになる容器の中だとちょっと心配ですよね…


【植物用ファン2号】
02.jpg

IMG_4357.JPG

そこで、ファンの吸い込み部分をガラス側に向けて、水しぶきとか少しでも吸い込まないようにしてみました。回転しているときは結露はつかないので、これでいけるかな?と思ったんですが、やっぱり防水じゃないし、ちょっとそこが心配です。


【植物用ファン3号】
03.jpg

IMG_0141.jpg

そこで、ファンの部分を水槽の外に設置して、風だけ水槽内に送る方法を考えて作ってみました。小型のダクトファンです。これで防水性は問題なくなりました。が、いかんせん構造上ロスが多くなり、風が弱いのが気になる…


【植物用ファン4号】
04.jpg

IMG_0136.jpg

そこで水槽の外に置くんならいっそファンが大きくてもいいんじゃないか?と思い直し5cmのファンにしてみました。確かにだいぶ強くなりました。が、2mmの隙間を通すので、結局5cmのファンの割には弱い…気になる…


【植物用ファン5号】
05.jpg

IMG_0143.jpg

そこで、隙間が2mmで断面積が稼げないなら、横に広げればいいじゃない。ということで作ったのがこちらです。これで明らかに風が強くなりました。これで完成かな!と、当初思ったんですが、そもそも外気を取り込むのって抵抗あるんですよね… だって冬とか冷たい空気が植物に当たっちゃうじゃないですか。あと、そもそもカッコ悪い…

結局、なんとかケージ内で循環させるしかないんだな… と堂々巡りの末、その答えにたどり着きました。

じゃあ、@防水ファンで、A2mmの隙間で使える、Bそれなりに勢いのあるファン、という3つの条件をクリアするファンを作ろう、となりまして、Qiを使った無線防水ファンを作ったというわけです。



次回はこの無線防水ファンの簡単な作り方をご紹介します!


posted by katoget at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸

2023年03月19日

AQUA-U WIDEを使用した熱帯植物飼育法!初級編と上級編

IMG_983901.jpg

加藤水槽は植物が大好きでして、でも温室とかもないので、つい展示即売会とかで衝動買いしては、枯らして、を繰り返しちゃうタイプです。そんな加藤水槽でも熱帯植物を簡単に管理する方法ないかなーと思い、AQUA-U WIDEで管理してみる方法を2つ考えてみました!


【AQUA-U WIDEを使った植物育成 初級編】
IMG_8842.jpg

IMG_8861.jpg

やり方は簡単、AQUA-U WIDEに水を浅く張って終わり。ポンプを回すと、最低水位の関係でややこしくなるのでポンプ無しです。寒い時期はろ過槽にヒーターをい入れれば、水槽側も多少暖かいはず!

IMG_8856.jpg

ヒーターは10Wとか20Wとかでいいと思います。

IMG_8848.jpg

トップシリコンでガラスフタが直置きできるから、湿度がすごく高く管理できるのがポイントです。

ちょっとポンプを回してないからどれだけ温度が均一になるかわかりませんが、とりあえずこれだけでも多湿を好む植物ならいけるかもです。


【AQUA-U WIDEを使った植物育成 上級編】
IMG_982101.jpg

IMG_982701.jpg

AQUA-U WIDEを使ってかなりしっかり熱帯植物を管理できるように考えました!

IMG_9831.jpg

ガラスフタに蒸れ防止にグラステリアFit用のシリコンスペーサーを付けています。約2mm隙間があるので、その隙間から散水機を水槽内に入れてます。2mmの隙間でも水を送れるよう、専用の極薄U字管を作成しました。

01.png

散水ポンプもドージングポンプをベースに自作しました。

IMG_9812.jpg

ろ過槽から水を取って水槽に散水してます。

IMG_9850.jpg

ろ過槽はこんな感じです。水位差を無くすためにAQUA-U WIDEの標準ポンプを外して、小さいほうのAQUA-Uのポンプ使ってます。ヒーターももちろん設置。あとカチオンバックを入れています。

IMG_9833.jpg

さらにケージ内を蒸らしすぎないよう、無線の防水ファンを付けました。

一番のポイントはガラス水槽の背の高さ。

IMG_8864.jpg

このためにAQUA-U WIDEを2台入手し、

IMG_8865.jpg

1台は分解してガラスだけ取りました。すごく大変でした。

この水槽のために自作した諸々を次回、作り方とかと一緒にご紹介しますので、ぜひ次回もお楽しみに!




posted by katoget at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸

2022年11月06日

おばけ水槽の日常と、AQUA-U用のCO2直添加の方法

01.png

今回はおばけ水槽の日常をちょっと解説しますね。

この水槽の肝であるPDLCフィルムに関しては前回説明していますがこんな感じのものです。自作する人はホントに扱いに気を付けてくださいね。


DSCF2205[1].jpg

この水槽はご存じAQUA-Uがベースになっていて、普段はこんな感じで廊下の隅で管理しています。ちなみにLEDはセット品のリーフグローじゃなくて、リーフグローEXに変えています。明るいよ。

DSCF2280[1].jpg

撮影後2週間で水草がますます伸びました。水面に着いちゃってるのはロタラH`raってやつです。あまり赤くならなかったですね。真ん中に隠れているのはこの水槽の主役のゴールデンハニードワーフグラミーさん。

DSCF2306[1].jpg

実は10匹以上いるグリーンネオンも綺麗です。ちょっと臆病です。奥のほうにオトシンネグロもピンボケで映っています。アクセント用の水草スターレンジも右側に映ってますね。

DSCF2223[1].jpg

今回は色のアクセントにルドウィジア インクリナータ キューバ 斑入り(呼称長い!)が入っています。緑の水上葉から水中で白い葉っぱ変化して、先端がピンクに色づいていくんですが、この白い葉が好きなんです。ゆーっくり成長しています。

DSCF2226[1].jpg

ちなみに前景というか全景に下草としてニューラージパールグラスを植えています。厚さ4cmくらいあるので、そろそろトリミングしないとやばい。

ということで今回の水槽は水草を育てるためにちゃんとCO2を添加して管理しています。

DSCF2207[1].jpg

このベースになっている水槽AQUA-Uは濾過槽にCO2添加できるんですが、できるだけシンプルなシステムにしたかったので、ちょっと工夫しました。

IMG_7898.JPG

このAQUA-Uのポンプのこの穴に、

エアチューブジョイント1.7 v42.png

3Dプリンターで作ったチューブジョイントを取り付けます。

DSCF2213[1].jpg

そして先ほどのチューブジョイントにCO2のチューブを繋ぎます。こうすることで、レギュレーターから送られてきたCO2をポンプが直接吸い込みます。ポンプに吸い込まれたCO2はインペラで細かく砕かれて水槽に添加されるというわけです。

またこの方法だと、音で添加量を確認できるので、CO2カウンターが無くても添加量の確認ができます。


趣味で作ってるんで細かい検証していないんでわかんないですが、この方法だとポンプが動いている限り常にチューブ内が減圧されると思うので、CO2チューブに水が逆流しにくいんじゃないかな、と思っています。が、一番のメリットはCO2カウンターがいらないこと、CO2拡散筒がいらないことでしょうね。目詰まりもしないです。

AQUA-U用のチューブジョイントは3Dデータをここに置いておきますので、興味ある人はダウンロードして作ってみてください。ABSかPETGで作って、アセトンやジクロロメタンにどぶ漬けする防水処理したほうが強度も上がるしいいと思います。3Dプリンター無い人は無料で作って着払いで送りますよ。お金とるといろいろなところに怒られそうなので、タダです。遠慮なく言ってくださいね。

AQUA-U用チューブジョイントの3Dデータはコチラ




posted by katoget at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作関連