2012年08月27日

水槽02の最近の様子とちょっと説明

新作の水槽の製作、佳境に入ってまいりました。
嬉しい反面、かなりシビアな作業なので怖いです。

さてさて、息抜きに久々水槽の写真をアップしますよ。
今回は水槽02のやつです。

IMGP6902.jpg

なかなかホームページの方の更新をしていませんで、この水槽の構造もまったく説明していませんでしたね。ちょっと説明しますと、これは棚とセットになっている水槽です。カラーボックスを積み上げただけの簡単な棚で、裏に配管が施してあります。そんでこの棚の左に見える鏡の裏に濾過槽が設置してあります。濾過槽の水はポンプにより上の水槽に持ち上げられます。水は連通管により水槽の外でオーバーフローし、今度は下の水槽に流れ落ちて生きます。最後にまた水槽の外でオーバーフローして濾過槽に流れます。こんな説明でわかりますかね?

IMGP6985のコピー00.jpg

これが上の水槽です。以前のアマゾンソードからエキノドルスオリエンタルに変更しています。でもエキノドルスオリエンタルは1年以上育てた結果、10cm程度にしかならなかったのでしょうがないのでアルテルナンテラレインキーを追加しました。CO2を添加しています。魚はボララスブリジッタエが10匹くらいとボララスマキュラータスが1匹います(長寿)。

IMGP6985のコピー02.jpg

これが下の水槽です。先ほどの水槽の水はこの水槽に流れてきます。こちらは陰性にしているので上の水槽よりちょっとだけ暗めです。魚はハニードワーフグラミーとラスボラアクセルロッディーブルーが数匹です。

IMGP7016.jpg

やっと撮影した配管部分です。背部で配管につながっています。上の細いのが給水、下の太いのが排水です。上の水槽も下の水槽も同じ配管になっています。

IMGP7010.jpg

照明部分です。メンテナンスをしやすくするために取り外せます。電球型の蛍光灯が設置してあり、アクリルのカバーが付いてます。いずれはLEDにしたいなーと思ってます。

コストと加工しやすさからカラーボックスなんか使ってますが、作り直すなら次はFRPの棚にしますね。カラーボックスは笑っちゃうくらい水に弱いですからお勧めしませんよ。わたしはせめてもの予防と見栄えのためにガラス板を敷いてあります。唯一のメリットは痛んだらすぐ新しいカラーボックスと交換できるとこですか。

さぁ、製作にもどりますです。きっと近日中に完成させられると思うので、どうぞお楽しみに!

あ、あとアクアライフの記事も何とか書ききりました!来月号のアクアライフは永久保存版です。買いですよー!


posted by katoget at 22:34| Comment(0) | 水槽

2012年05月21日

いっこ目の加藤水槽

P3260009.jpg

タイトルの通り、この水槽は1個目の加藤水槽です。
ホームページの01となってるところに載ってる水槽ですね。01っていうのは1個目の水槽というわけです。本当はこれ以前にも水槽用品を作ったりはしていましたが、この水槽には現在に繋がる連通管の技術を採用しているところがあるので、加藤水槽の1個目としています。

P3250125.jpg

この写真の美しいショーベタを飼育していました。もともとベタとかのアナバスの仲間が好きなんですが、『黒い石と青い魚ってかっこよくないか!』というカタチから入った感じの水槽でした。石は北海道から取り寄せた黒曜石です。

この水槽、見た感じ配管が皆無に見えますが、棚の壁面にくり抜いて設置してあります。濾過槽は下の段に設置できます。

IMGP6381.jpg

本と並べても遜色ないように、木製のカバーがついています。

IMGP6383.jpg

カバーをどかすと濾過槽が見れます。外部濾過ではなく、オーバーフローのサンプ的な役割です。ここにヒーターを設置でき、水中ポンプで上の水槽に水を送ります。特筆すべきは『マツモ濾過』の部分があり、濾過槽に赤LEDを設置しマツモを飼育していました。

IMGP6386.jpg

照明は当時(5〜6年前)にはまだ馴染みの薄かったLEDを採用しています。当時はあまり技術が無かったので、LED電球として売られていたものをバラして、6個使用しました。

で、色々説明しましたこの水槽ですが、失敗作です!
加藤水槽として作った水槽はほとんど現役で動かしているんですが、この01号だけ!現在、完全に解体されています。バカボンド専用本棚になっています。
失敗点は多々あって、「配管が狭すぎて、流量が少なすぎた」「メンテナンスがしにく過ぎた」「元にした家具がMDF合板で水に弱すぎた」「マツモ濾過の部分がコケだらけになっていた」などなど…
実は加藤水槽は割りと行き当たりばったりで設計してるんで、作ってから致命的なミスが見つかったりします。それらの経験を次に生かすんですが、1個目であるこれは凄まじい失敗の山でした。それだけ得るものが多かったんですね。

近いうちにこれらの写真をホームページにも掲載しておきます。各水槽の説明文もいい加減作りますので、今後ともどうぞよろしく。

posted by katoget at 00:06| Comment(0) | 水槽

2012年05月06日

加藤水槽06完結編

IMGP6161.jpg

はい。水槽もお魚も落ち着いてきたので最後の撮影も終わりました。
これにて水槽06はひとまずおしまいです。後はまったりと金魚と暮らしていくだけですが、ここでもう一度水槽06のおさらいをしようと思います。これからは水槽の説明をしていく機会も増えそうなのでそれの練習です。

金魚鉢のような小さい水槽で魚を飼育したいって思ったことありませんか?金魚鉢も「金魚」と名がつくんだから魚が飼育しやすそうです。
でも魚を健康に飼うには綺麗な水を維持しなければいけません。毎日水を交換できれば十分ですが、それじゃあ外出するのも大変。そこで水を綺麗にするため様々な機材が開発されていきました。

図2.gif

投げ込み式、上部濾過、底面濾過、外部濾過、オーバーフロー、などなど。これらをもし金魚鉢に使うとどんな感じになるでしょうか。

図202.gif

ちょっとオーバーですが、どうしても金魚鉢が窮屈になってしまいます。これじゃあ、金魚を買ってるのか器具を飼ってるのかわかりません。

そこで、何とか金魚鉢には生き物以外入れず、しっかり濾過をして、さらに回りもコンパクトになる方法は無いかと考えた結果が加藤水槽06です。

03.gif

このような配管にすることで、エアポンプ式の底面濾過と同じような構造になり、しっかり濾過ができ、かつ水槽内に濾過器具が無いという構造にすることができるんです。ナイス!

でも、中には金魚鉢で金魚じゃなく熱帯魚が飼いたいという人もいますよね。金魚と違ってしっかりした温度管理が必要な場合、水槽の中にヒーターやクーラーなど設置する必要があるので、また水槽が窮屈になります。そこで加藤水槽は水槽の美観をできるだけキープしつつ温度調整するオプションを作りました。

IMGP5955.jpg

この黒い板に載せれば内蔵された水冷式ペルチェ素子とフィルムヒーターで温度調整も万全!小型水槽は実は夏場の温度の上がりすぎが一番怖いんですが、この金魚鉢4リットル程度なら小型のペルチェでも十分冷やせちゃいます。

そして水槽を鑑賞する上で欠かせない照明、私はLED工作が好きなので好んで使っていますが、大事にしていることは演色性の高いLEDを使うこと。写真に撮ると一目瞭然ですが、演色性の低いLEDはすごく黄色っぽくなります。今回は演色性の高い6W級のLEDを2Wで使い、銅のヒートシンクを使って作ってみました。

名称未設定-1.jpg

水槽本体と同じく無垢のチークがこだわりです。そのLEDで撮影した写真がコチラ。

IMGP6298.jpg

それと金魚は上見も大事だと思うので、上から見たのはコチラ。

IMGP6252.jpg

いかがでしたでしょうか。初めて加藤水槽のぞいた人でもどんなことやっているかわかっていただけたら幸いです。次は次回作の発表か、未発表の水槽05の続報かわかりませんが、どうぞよしなにー。

posted by katoget at 23:02| Comment(0) | 水槽