2018年04月08日

加藤水槽の技術が詰まった『AQUA-U』発売中!

IMGP161601.jpg

IMGP165301.jpg

加藤水槽として今まで研究してきた水槽が、ついに商品化しました!商品名は『AQUA-U』。GEX株式会社から発売中です。

まずはこのカッコ良いプロモーション映像を見て!


作ってくれたのは映像ディレクターであり水草レイアウター仲間の奥本宏幸さん!さすがー!

さて、AQUA-Uは加藤水槽の特許を使用しています。今までは加藤の手作り1点もので、こんな感じの水槽を作ってきました。

0901.jpg

0903.jpg

IMGP5752.jpg

今回は特許をメーカーへ提供しただけじゃなく、量産できるよう開発者としてがっつり関わって作りました。パッケージのレイアウトだってもちろん俺がやってます。

170921-20993.jpg

170921-20963.jpg

この水槽の特徴に関しては、以前から加藤水槽をご存知な方なら知っての通り、器具を全部水槽の外に出せますよと言うものです。


小さい水槽にフィルターやらヒーターやら入れると、魚飼ってるんだか器具飼ってるんだかわからない感じになります。それは今まで当たり前のことだったし、飼育を始めると気にならなくなったりするんですが、俺には気になって仕方なかったんです。なんか方法があるんじゃないかと20代の頃から研究を続けてこの方法を考え出し、30歳のとき特許を取得しました。この特許を使った水槽が商品化されるのは夢だったので、とっても嬉しいです。



この3番目の技術はAQUA-U独自の特徴です。開発当初、万が一に底面フィルターが完全に目詰まりすると水が溢れるんじゃないかという点が、商品化する上でネックになりました。加藤水槽的には何年も管理していてそんなこと一度も無かったので、気にすること無いと主張したんですが、そこがメーカーと個人の考え方の違いです。万が一の安全性も重視するのがメーカーとして重要ということで、非常に苦労しました。結果的にはベテラン設計者の方々からこの安全バイパスのアイデアをいただき、なんとか商品化できたというわけです。このアイデアは絶対1人では出なかったでしょう。

色々な人にAQUA-Uを使ってみてもらいたいんですが、中には「水槽とか興味あるけど、センスのいいレイアウトなんてできないしな〜」という方もいるはずです。そんな方にオススメのレイアウト方法があります。その名も『1個だけ入れる法』です。

IMGP252501.jpg

IMGP2428.jpg

石を1個入れるだけ!

IMGP252502.jpg

IMGP2498.jpg

流木を1個入れるだけ!

IMGP252503.jpg

IMGP2537.jpg

アヌビアスナナ(超丈夫な水草)を1個入れるだけ!

どうでしょう。標本的な美しさがありませんか?器具が無く、このサイズの水槽だからこそ楽しめるレイアウト方法だと思います。

IMGP2550.jpg

こんな風に標本をケースに入れるとかっこ良くなるように、シンプルに素材の美しさをかっこ良く楽しんでください。もちろん腕に自身がある人はとことんまでレイアウトを突き詰めて、いっそレイアウトコンテストにまで出してしまいましょう。

他にも書ききれないほど色々なところにこだわりを積め込んでいます。メーカー的には喜ばないかもしれませんが、説明書の使い方だけにとらわれず、ぜひ色々試してみてください。「あれ、この部品、ココにもつくぞ?」「こういう使い方もできるんじゃね?」といったことが発見できるかもしれません。それは加藤水槽からの内緒のプレゼントです。

是非一度、お店で実物を見てみてくださいね。

IMGP2263.jpg

IMGP187401.jpg

IMGP1943.jpg

IMGP208302.jpg






にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしていただけると多少モチベーションが上がって、更新頻度が上がります。よろしくお願いします!



posted by katoget at 12:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 水槽

2014年12月21日

加藤水槽の作り方と、すごい奇妙な水槽

IMGP5782.jpg

販売中の能年ちゃんが表紙で話題のアクアライフ1月号、以前記事に書いたシェムリアップ淡水魚研究所の佐藤さんの執筆した記事も載っているお勧めの号です。私は器具の見えない不思議な水槽の作り方を書いています。器具が見えない水槽?

IMGP7950.jpg

こんなのや

29.jpg

こんなの。いわゆる加藤水槽の加藤水槽の作り方です。紛れもなく私が発明して私が特許を取得した水槽の作り方です。今のところ私の水槽は販売する予定はないので、現時点で手に入れる方法は自作する以外ないですよ。でもなんか読者の声が聞こえてくる気がする…「こんな難しいの作れるかよ!」

仰ることはごもっとも。今回のはちょっと難しいです。でも図面も載せてるし、来月号と2回に分けて丁寧に書いてるので、気合があればホントに作れちゃいますよ!ちなみに材料のアクリルは専門店に加工もお願いしましょう。餅は餅屋です。はざいやとかなら、アクアライフの図面をスキャンして送れば、全部こしらえてくれますよ。アクリルの種類は「押し出し」にすれば、費用は合計7000円くらいです。安くはないですが自作以外では手に入らない水槽なので勘弁してください。

ところで、今さらながらこの水槽に水が入りまして、撮影が終わったのでアップします。

IMGP5936.jpg

この左右の水槽とサンプの対比が見たかったのです。

IMGP59813.jpg

水槽の光はサンゴなどの蛍光色が映える青色LED。これに蛍光体フィルターを被せると、

IMGP59812.jpg

淡水にも合う白色や

IMGP59811.jpg

浅場のようなさわやかな青も出すことができます。

IMGP6052.jpg

水槽は上から覗けるので、サンゴなどの蛍光色や、金魚のような上見からも楽しむ生体もストレスなく観察できます。

IMGP6016.jpg

水位はサンプに設置されている給水用のオーバーフロー管と排水用のオーバーフロー管が一緒になった四重管によって管理されてますが、自分でも何言ってるかよく分かりません。 なので以下の参考資料をどうぞ。

説明1.jpg

まず水槽とサンプはこんな感じで繋がっています。これなら停電などで電源が落ちても水が落ちることもないし、稼動させたままサンプの器具やフィルターもいじれるってわけです。サンプと水槽間のホースは給水、排水の2本必要なんですが、二重ホースにすることで外観的には1本に見えるようにしています。

説明2.jpg

そんで四重管は、給水のオーバーフロー管と排水のオーバーフロー管を重ねてるってわけです。少しでも外観がシンプルになりますからね。

きっと、ギャラリーみたいな無機質な空間にこんな水槽あれば映えると思うんですが、うちには洋間もないので、

IMGP5842.jpg

和室に置いてます。うーん異質。

IMGP5861.jpg

奇妙な水槽がある和室。

IMGP5886.jpg

奇妙な水槽がある和室の夜。

IMGP6041.jpg

和室に不釣合いな無機質な水槽だけど、これはこれで気に入っています。製作に無駄に時間がかかりましたが、なかなか思い入れの強い水槽です。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしてくれると順位が上がってうれしいです!


posted by katoget at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 水槽

2014年01月29日

加藤水槽02の構造上の弱点

ポタポタと水槽のどこからか突然の水漏れ。長くアクアリウムを維持しているとそんな経験をした人も少なくないんじゃないでしょうか。かなり冷や汗物の事故ですが、私なんかも多々あります。最近では一昨日の夜です。

すごくスヤーっと眠っていたんですが、ポタ…ポタ…と周期的な音。ピーンときましたね。水漏れだと。パッと目が覚めます。恐怖ですからね。そして暗闇の中、耳を澄まして犯人を探します。ポタ…ポタ…ポタ…

お前やー!

IMGP6902.jpg

この棚の1番上の水槽だ!

名称未設定-1.jpg
(過去の写真)

こんなに綺麗だった水槽にいったい何が!

IMGP2176.jpg
(現在の写真)

もわー!モワモワのコケがいっぱいになってストレーナー詰まっちゃってる〜!

色んな水草をこの水槽で育ててみて、やっぱアマゾンソードかなーと思って植えたのはいいんですが、丈夫な種だし余裕ぶっこいてたらこんなんなってました。

はてさて、原因はこのモワモワコケがストレーナを詰まらせたからでしたが、普通の外部フィルターや外掛けフィルターならストレーナーが詰まっても流量落ちるだけで水は漏れませんよね。この水槽が水漏れしてしまった原因はその構造にあります。

rentuanime0202.gif

過去の記事でもこの水槽について触れていますので気になる方はそちらもどうぞ。このgifは水の流れをイメージしたものです。gifがバグって見れなかったらクリックしてね。矢印の動きで水が回ります。表からは見えませんが、この水槽の裏にはこういう配管があるというわけです。順調に稼動しているときの水位のイメージは下の図のようになります。

0001.jpg

高いほうから低いほうへ流れるので、水位は常に排水側と同じになります。ちなみに電源を止めると下図のような感じ。

0002.jpg

電源が止まっても水位が変わらないです。いいですねー安心ですね。こんな安心な構造ですが、もし排水部分のストレーナーがモヤモヤのコケで詰まったらどうなるでしょう。

0003.jpg

図で言うとこの位置です。この位置が詰まってしまうと水は流れ込んではくるけど、排水できないで水槽の水位が徐々に上がってしまいます。

0004.jpg

そして上がりに上がった水は、ついに水槽を越えて…

0005.jpg
ドカーン!

こんなことになっちゃったわけです。恐ろしい。詳しい方なら気づかれたかと思いますが、これはオーバーフロー水槽に起こる事故と同じタイプの事故です。オーバーフロー水槽で同じような経験をされた方はいらっしゃるかもしれませんね。

とはいえお恥ずかしい話、これはこの水槽の重大な欠点であります。この問題を解決する簡単な方法として、【1】ストレーナーを使わない、【2】ストレーナーを詰まりにくい形状にする、【3】掃除する、の3点があります。3は当たり前過ぎるし、できるだけ楽な水槽を作りたい俺的にも除外。1に関しては小型の魚が吸われちゃうし、小型水槽で大きい魚飼えない、2に関しては小型水槽で大きいストレーナーは出来るだけ使いたくないっていうのがあります。もっと初期段階からちゃんと設計しないとなぁ。でもストレーナー詰まりの水漏れは何度かあるけど、それ以外が原因で水漏れたことは無いんですよ!ホントですって!

ということで加藤水槽02の課題でした。もともと気が小さいので、こんな問題点を見つける度にまだまだ販売できないなぁと思ってしまうのでありました。ちなみにこの水槽に繋がっている下の水槽も当然同じ水が流れてるんですが、

IMGP2179.jpg

こちらはコケが全然無いです。不思議だなぁ。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑いつもお気軽クリック頂いてるので更新がんばってます!引き続きよろしくお願いします!

posted by katoget at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 水槽