2016年05月21日

マジかんたんなランプ水槽の作り方

IMGP7760.jpg

先日お客さんが来たので、久しぶりに徹底的なお片づけをしました。そんでもって上の写真は床の間の様子です。ジャングル床の間にしてみましたよ。

IMGP7768.jpg

そこにランプ水槽とかぶら下げちゃったりして。あー室内緑化が止まらない。

IMGP7776.jpg

イメージの部屋には大分近づいてきたかなー。でもまだまだだなー。

もちろん1階ギャラリーも綺麗に。

IMGP7781.jpg

IMGP7782.jpg

まさか普段は洗濯物の山が置いてあるとは思えないほど綺麗になりました。台を倍に増やしたいと画策しております。家が綺麗な内に皆様どうぞ遊びにおいでくださいね。

前置きはこんなもんにしまして、さて、本日のテーマは『マジかんたんなランプ水槽の作り方』です。非常に反響が大きかったランプ水槽ですが、「欲しいけど『売ってない』し『作れない』し、どうしたらいいんだよー!!」みたいな意見をしばしば耳にします。確かに以前の記事の工作内容はかなり難しいものでした。なので今回は、発案者として、せめて似たような雰囲気のものが多くの人に作ってもらえるようにできないか考えてみました。これならちょっと工作スキルがあればホントに作れると思いますよ!

【STEP1:ランプを探す】
IMG_4455.jpg

いい感じのハリケーンランタンを探すのが実は大変です。こればっかりは骨董屋さんを回るなりして探してください。新品ならamazonとかでも買えるんで、まずは新品で挑戦するのもいいかもしれません。

【STEP2:ガラスに底を付ける】
ろ過機能なんていらない!アクリル板とシリコーンでガラスホヤの底を塞ぎましょう。

IMG_4471.jpg

ランプ水槽はろ過を燃料タンクで行うから作るのが難しいんです。今回は見かけだけ同じでいいじゃないですか!写真の直径60mmのアクリル円板がガラスホヤの内側にぴったりはまると思いますので、これをシリコーンでガラスホヤの底に貼り付けましょう。

IMG_4467.jpg

アクリル板とガラスの隙間にシリコーンをたっぷり塗りこんで、接着、防水しましょう。シリコーンたっぷりでもグチャグチャでもOKです。
※こだわるなら、アクリル板にはプライマーを塗ってシリコーンとの密着性を高めましょう。シリコーンは防カビ剤が入っていない物を使ってください。何買っていいかわからないなら信越KE-45Tを使うといいです。

【STEP3:ランタンをちょっとだけ解体する】
細かい分解は必要なし!元々外れるところを外すだけ!

IMG_4458.jpg

ガラスホヤに底がついちゃったので、そこに当たる部品は取っちゃいましょう。写真の部分はねじれば取れます。

IMG_4459.jpg

次はこのビロビロしたのが出てくるのでこれも取っちゃいます。

IMG_4460.jpg

スッキリ!これでOKです。

【STEP4:LEDをつける】
自分でLED買って抵抗計算してアダプター用意してなんて難しすぎる!なので出来合いのソケットにLED電球をはめて使いましょう。

IMG_4461.jpg

ソケットはこんなの。ホームセンターに売ってます。

IMG_4464.jpg

電球はこんなの。できれば1Wくらいあるといいですね。

IMG_4463.jpg

電源コードはこんなのです。

IMG_4462.jpg

ソケットをこの部分に入れます。コード部分は隙間から逃がします。

IMG_4465.jpg

ソケットのコードを電源コードと繋げます。圧着でもハンダ付けでもお好きにどうぞ。

IMG_4477.jpg

ソケットにLED差し込んで電源入れればLED照明のできあがり。

たったこれだけの工程で完成です!

【完成例1】

IMGP7849.jpg

IMGP7845.jpg

ガラス部分に水とホテイアオイを入れました。浮き草のお手軽ランプ水槽です。

【完成例2】

IMGP7853.jpg

IMGP7856.jpg

ガラス部分にサボテンの土とサボテンを入れました。土も立派なデザイン要素です。

IMG_4470.jpg

サボテンの場合は水はけを良くした方がいいので、写真のように底のアクリル板に穴をあけています。

どうでしたでしょうか。本格的なランプ水槽に比べれば全然簡単でしょ。LEDに関しては俺もこれからはこっちを採用しようかなと思うほど楽ちんです。メンテナンスもこっちの方が楽です。とにかくランプ水槽欲しい!作ってみたい!っていう方はこちらに挑戦してみるのも検討してみてくださいね。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしていただくとランキング上がって、多少モチベーションも上がって、製作速度も上がります!

posted by katoget at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 制作関連

2016年03月27日

ランプ水槽、その構造と作り方

IMGP7332.jpg

今年に入ってから狂ったように集めまくり、改造しまくっているランプ類ですが、やっとこさ本命のランプ水槽が完成しました!早速どうなっているのか簡単に説明します。

Cd-jAYTUYAAiXKH.jpg

まずこのベースになっているランプ、ハリケーンランタンと呼ばれる形状の物なんですが、名前の通り強い風でも消えないように色々な工夫がされていているらしいです。デザイン的にもイカした左右の柱が中空になっていて、ランプ上部と下部に繋がっているから空気がうまく循環して火が安定するみたい。詳しいことは良く分からないけど、この形状を活かしましょう。

IMGP7288.jpg

ということで、この柱にエアチューブを通して底からエアリフトをしようと思ったわけです。しかも柱が2本あるんだから2本チューブ通しちゃおう。これで普通のエアリフトとCO2でのエアリフトの両方できる!二酸化炭素でエアリフトしちゃいけないなんて誰も決めてないしね。ただCO2中毒にさせないようにエアーと一緒にCO2出すなり、めちゃCO2絞るなり、工夫しましょうね。

IMGP728801.jpg

で、ランプ部分には植物育成用にソイルを、底の燃料タンクにはろ材を入れれば、なかなかの容量のろ過が期待できそう。それぞれにスノコをセットして混ざらないようにするのも忘れずに。

IMGP728802.jpg

これでエアレーションを入れて水を回転させれば、小さいランプ内でもしっかりした底面ろ過が行えるってわけです。水槽がとにかく少ないので、エアーはポクポクポク…と少し出てれば十分。ドバーっと出すと水中がカオスになります。

IMGP728803.jpg

しかもこの2本のチューブがあることで、この水槽は排水が楽!片方のチューブの端から水を吸い出せば、サイフォンの原理で排水できちゃう。しかも汚れが溜まるろ過槽の底付近から排水ができるのが嬉しい。排水が終わればチューブを水面より上に持ってくればサイフォン終了。エアレーションはそのままで水が抜けるわけです。

では、実際作ってみましょう!

IMG_3938.JPG

まずはとにもかくにもランプの底を空けます。缶詰めの底に似てたので缶切りを使ってみたらドンピシャでサクサク開きました。

IMG_3939.JPG

パカッ!内側にくっついてる物とかも外しておきましょう。他にもバラす必要があるところはこの段階でバラします。

IMG_3941.JPG

試しにチューブ2本を柱を通して上部と下部に繋げてみる。いい感じ!

IMG_3942.JPG

ランプのガラスと底を繋げるための配管をアクリルでサクサク作成。

IMG_3943.JPG

ランプのガラス、アクリル配管をシリコーンを使いランプ本体の上で合体。外観、水漏れに関わる重要な作業です。

IMG_3945.JPG

シリコーンが固まるのを待つ間に、エアリフトの配管を準備。エアーとCO2の添加を行うように2本細い管がくっついてます。

IMG_3946.JPG

エアリフトの配管にチューブを繋げて、ランプ底に仮設置。いい感じ。

IMG_3947.JPG

水槽部分のシリコーンが固まったらいよいよ本番、FRP防水です。ランプにそのまま水入れたら錆びますからね。不飽和ポリエステルを計量して準備。

IMG_3948.JPG

まずはランプ内の凹凸を埋めるため、タルク多めの硬めの樹脂を塗って穴埋めとかしました。

IMG_3949.JPG

ガラス繊維をペタペタ貼っていきます。強度が必要なわけじゃないから適当でOK。

IMG_3950.JPG

ガラス繊維に樹脂を吸わせ、分厚くなるまで塗り重ねましょう。今回はトップコートしないので、インパラの樹脂を使ってます。

IMG_3964.JPG

スノコ部分と、底のフタどうすっかなーと思ったら、たまたま前作ったスノコと、いいサイズのガラスがありました。これを流用しましょう。

IMG_3965.JPG

ろ過槽部分にスノコを設置。

IMG_3968.JPG

最後にガラスとシリコーンでろ過槽部分を密閉。これでろ過槽は完成です。ポリエステルは表面のパラフィン層を削り、プライマーを塗ってからシリコーンを塗りましょう。ちなみに水槽の加温はこの底部からシートヒーターで行います。

IMG_3976.JPG

ライト部分は植物ランプのときのノウハウそのままです。上に引っ張れば取り外せるようにしてます。

IMG_3978.JPG

ランプ水槽を上から見るとこんな感じ。ランプは色々なところに排気用の穴が開いてるので、そこを使ってチューブを逃がしてます。

全部セットしてレイアウトすれば完成です!

IMGP7288.jpg

IMGP7355.jpg

IMGP7386.jpg

IMGP7471.jpg

動いている様子は動画でどうぞ。


今までに作った水槽に比べればかなりシンプルな水槽ですが、とても気に入っているので加藤水槽No,10としてWEBサイトにもまとめようと思います。作る上で注意することは、手が死ぬほどサビ臭くなることです。

最後に植物ランプと一緒に。

IMGP7561.jpg

IMGP7535.jpg





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑久しぶりに水草関連ですし、クリックよろしくお願いします!


posted by katoget at 22:25| Comment(12) | TrackBack(0) | 制作関連

2016年02月28日

アンティークランプで植物育成!

IMGP7190.jpg

さてさて、最近集めまくっているランプ類、がっつり防水してペルチェとかで温度調整できる究極水槽作りたいなーと思っていますが、そうとう製作に時間がかかりそう。なので、創作欲求をとりあえず満たすために、まずはランプを使った観葉植物ケースを作ることにしました。

CaSRjYNVIAAele9.jpg

まずこのタイプ。LEDを上につけて、下のオイルを溜めるところを植木鉢風にしましょう。

IMG_3777[1].JPG

早速分解。ガラスを外し、オイルのとこのヒモみたいなの抜きましょう。ビロビロー。

IMG_3773[1].JPG

続いて解体開始。金切りバサミやハンドルーターとかでオイルタンク部分の上をかっぽり空けましょう。

IMG_3780[1].JPG

かっぽり開きました。

IMG_3786[1].JPG

続いてLEDをセットするための準備です。ヒートシンク代わりのアルミ棒の上にネジ穴を切ります。

IMG_3787[1].JPG

ランプの上部に穴をあけて、ヒートシンクに切ったネジ穴にネジを挿して固定します。LEDをヒートシンクに貼れば完成ですが、本体のオンボロさに比べて、ネジがピカピカで嫌だな。

IMG_3788[1].JPG

そんなときはアクリル絵の具を使って…

IMG_3789[1].JPG

エイジング!すっかり古びたネジの風合い。こういうのは得意です。

IMG_3790[1].JPG

最後に植木鉢と化したオイルタンク部分に用土を入れて、植物を植えれば…

IMGP7166.jpg

完成!これは小型の蘭。オークロも一緒に植わってます。

IMGP7168.jpg

ちょっと違うタイプのランプでネオレゲリアとかの寄せ植え。ウォーターマッシュルームも植わってます。

さて、もっと違うタイプもご紹介。

CaSRjYNUYAAJcFi.jpg

船舶ランプです。密閉性が高い。

IMG_2734[1].JPG

まず底に付いていた古い配線は取っちゃいましょ。

IMG_2741[1].JPG

次はランプのフタの部分にLEDのヒートシンクをつけます。ふたの曲線に合わせて磨き済み。

IMG_2756[1].JPG

接着性の放熱シリコンでフタにしっかり接着。続いてヒートシンクにLEDを接着。

IMG_2744[1].JPG

ピカー!

IMGP7179.jpg

こちらも完成。シンプルにコケとシノブのみ。

植物ランプは吊るしても美しい。作るの大変ですが、興味があればぜひぜひチャレンジしてみてください。

IMGP7137.jpg

IMGP7143.jpg

IMGP7146.jpg

IMGP7198.jpg



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックよろしくお願いします!


posted by katoget at 17:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 制作関連