2022年11月06日

おばけ水槽の日常と、AQUA-U用のCO2直添加の方法

01.png

今回はおばけ水槽の日常をちょっと解説しますね。

この水槽の肝であるPDLCフィルムに関しては前回説明していますがこんな感じのものです。自作する人はホントに扱いに気を付けてくださいね。


DSCF2205[1].jpg

この水槽はご存じAQUA-Uがベースになっていて、普段はこんな感じで廊下の隅で管理しています。ちなみにLEDはセット品のリーフグローじゃなくて、リーフグローEXに変えています。明るいよ。

DSCF2280[1].jpg

撮影後2週間で水草がますます伸びました。水面に着いちゃってるのはロタラH`raってやつです。あまり赤くならなかったですね。真ん中に隠れているのはこの水槽の主役のゴールデンハニードワーフグラミーさん。

DSCF2306[1].jpg

実は10匹以上いるグリーンネオンも綺麗です。ちょっと臆病です。奥のほうにオトシンネグロもピンボケで映っています。アクセント用の水草スターレンジも右側に映ってますね。

DSCF2223[1].jpg

今回は色のアクセントにルドウィジア インクリナータ キューバ 斑入り(呼称長い!)が入っています。緑の水上葉から水中で白い葉っぱ変化して、先端がピンクに色づいていくんですが、この白い葉が好きなんです。ゆーっくり成長しています。

DSCF2226[1].jpg

ちなみに前景というか全景に下草としてニューラージパールグラスを植えています。厚さ4cmくらいあるので、そろそろトリミングしないとやばい。

ということで今回の水槽は水草を育てるためにちゃんとCO2を添加して管理しています。

DSCF2207[1].jpg

このベースになっている水槽AQUA-Uは濾過槽にCO2添加できるんですが、できるだけシンプルなシステムにしたかったので、ちょっと工夫しました。

IMG_7898.JPG

このAQUA-Uのポンプのこの穴に、

エアチューブジョイント1.7 v42.png

3Dプリンターで作ったチューブジョイントを取り付けます。

DSCF2213[1].jpg

そして先ほどのチューブジョイントにCO2のチューブを繋ぎます。こうすることで、レギュレーターから送られてきたCO2をポンプが直接吸い込みます。ポンプに吸い込まれたCO2はインペラで細かく砕かれて水槽に添加されるというわけです。

またこの方法だと、音で添加量を確認できるので、CO2カウンターが無くても添加量の確認ができます。


趣味で作ってるんで細かい検証していないんでわかんないですが、この方法だとポンプが動いている限り常にチューブ内が減圧されると思うので、CO2チューブに水が逆流しにくいんじゃないかな、と思っています。が、一番のメリットはCO2カウンターがいらないこと、CO2拡散筒がいらないことでしょうね。目詰まりもしないです。

AQUA-U用のチューブジョイントは3Dデータをここに置いておきますので、興味ある人はダウンロードして作ってみてください。ABSかPETGで作って、アセトンやジクロロメタンにどぶ漬けする防水処理したほうが強度も上がるしいいと思います。3Dプリンター無い人は無料で作って着払いで送りますよ。お金とるといろいろなところに怒られそうなので、タダです。遠慮なく言ってくださいね。

AQUA-U用チューブジョイントの3Dデータはコチラ




posted by katoget at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作関連

2021年09月12日

『テンセグリティ』と『テスラバルブ』のアクアリウムな使い方

テンセグリティ01.jpg

テンセグリティ水槽台を作りました!

テンセグリティに関しては動画とかもたくさん上がっていますでググってみてくださいね。バックミンスターフラーのやつです。昨年ぐらいにSNSとかで流行りましたよね。それをアクアリウム風にアレンジしてみました。



DSCF0123.jpg

材料は、アクリル板とザイロンという強い糸です。テンセグリティは糸などを使うことから、構造上、荷重でたわんだりします。なので今回のはそのたわみを想定し、水を入れて、初めてバランスがとれるように調整しています。



IMG_2818.jpg

また、エアポンプ用テスラバルブを作りました!

テスラバルブに関しては動画とかもたくさん上がっていますでググってみてくださいね。ニコラテスラのやつです。ちょっと前に新しい発見があったとかでとかでニュースになりましたよね。それをアクアリウム風にアレンジしてみました。

IMG_2817.JPG

写真でいうと、左から入ったエアーはスムーズに右に抜けるけど、右から入ったエアーは負荷がかかり、流量が落ちる、というものです。逆流防止弁にぴったりと思ったので、光造形の3Dプリンターとガラスで作りました。

が、アクアリウムレベルではほぼ、差は感じられません!残念!でもとっても刺激になりました。


以上、新しいネタがあればアクアリウムですぐチャレンジしたくなる加藤水槽でした。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしていただけると多少モチベーションが上がって、更新頻度が上がります。よろしくお願いします!


posted by katoget at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作関連

2020年04月05日

植物用ガラスケース作ってます。あと工作材料調達の裏技。

植物栽培用ケースこっそり作っています。

IMG_8770.JPG

まだ完成は先なんですが、ちょっとだけどんなものか説明しますと、幅と奥行き30cm、高さは全体で80cmです。下の水槽部分と、上の開閉部分との2段式になっています。

IMG_8802.JPG

下の水槽部分は高さ20cm。下で水を蓄えたり、水を温めたりしてケース全体を加温したり湿度調整する予定です。水槽の上縁には日本のとあるアクアメーカーさんの技術、トップシリコンが施工してあります。これにより上に水槽を重ねてもガラス同士がカチカチせず、安心です。メーカーさんの特許技術ですが、個人で自作する分なら問題ないです。素晴らしい技術だなートップシリコン。

IMG_8805.JPG

上のケースはガラス用の金属ヒンジを使った扉付き。ヒンジはmonotaroで購入。

IMG_8806.JPG

このヒンジ、扉をぐるっと回転させると…

IMG_8807.JPG

こんな感じでスポッと外せます。とても気持ち良い。けど施工が超大変なのでオススメしません。

IMG_8804.JPG

そして上のケースの最大の特徴はこの透明シャワーヘッドです。2mmのアクリル板を貼り合わせてできています。加湿する際はここから雨が降る予定です。透明だから普段も光を通して光合成の邪魔をしません。けっこうがんばって作りました。

IMG_8808.JPG

透明シャワーヘッドは天井から宙吊りです。ゆらゆらします。これらを組み合わせ、熱帯植物をちゃんと栽培できるシステムを作ろうと思います。密閉するだけじゃなく、送風できるようにしたいですよね。完成は、もうちょっと先です。


さて、色々あって、皆様家にいる時間、増えてますよね。学生さんなんか暇でしょうがない人もいるんじゃないでしょうか。そんなときこそ何か作ってみたらいいんじゃないかとインドア貴族である加藤水槽は思うわけです。そこで、今回はちょっと裏技を紹介します。ズバリ、アクアリウム自作の材料調達に関してです。
※メーカーさんに怒られたら消します。

Q:アクアリウム用品の自作や改造をしたいけど、全部を自作をするのは大変。ストレーナーとかポンプとか、メーカーさんの流用したい。それだけで購入できないでしょうか?
A:できません(できます)。

メーカーによっては本来交換用としての部品を売ってくれるオンラインショップがあったりします。例えばここ。ここでなら、ストレーナーとかポンプとか吐出口とか、掲載してる物なら買えちゃいます。例えばグラステリアAGS450の吐出口とか、ガラス用ヒンジとかはここで買えちゃうわけです。

とはいえあくまで裏技です。本来交換用なので、メーカーさんを困らせないように気をつけながらも、お家でゆっくり過ごしながらショッピングしてみてくださいねー。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしていただけると多少モチベーションが上がって、更新頻度が上がります。よろしくお願いします!



posted by katoget at 22:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 制作関連