2014年03月28日

自作の水槽用クーラー

新作用の水槽クーラーが出来ましたのでお知らせします。

IMGP2869.jpg

もういっぱい説明したいんですが、とりあえず今回はサクッと紹介。

IMGP2874.jpg

後姿はこんな感じ。

IMGP2890.jpg

天面に貼ってある保護用のチタン板(0.1mm)を剥がすとこんな感じ。

ペルチェ素子を6個使用、消費電力90W程度。この上にサンプを乗せて直接冷やします。今回は総水量20L近くなる予定なので過去最大級の水量(当社比)を冷やさなければいけません。正直そんな冷えないだろうなー、と思ってます。真夏に30度いかなきゃ合格程度で。それくらいならいけるんじゃないかな?

もちろん徹底的に絶縁しています。

〜作り方〜

IMG_3508.jpg

良さそうなヒートシンクを探します。

IMG_3248.jpg

3つのヒートシンクにネジを切り、土台兼バッファのアルミ板にネジで圧着します。接着面は熱伝導の効率を上げるため鏡面に磨き、熱伝導グリスをたっぷり塗布して、ネジでぎちぎちに締め上げます。

IMG_3494.jpg

アルミ板の上面も銅のバッファを載せるため鏡面磨きします。

IMG_3483.jpg

断熱材を銅バッファの形にくりぬき、その上にペルチェ素子に合わせた断熱材を貼ります。配線用の溝もくりぬきます。

IMGP2869.jpg

完成。

サンプ.jpg

こんな感じでサンプが乗る予定です。

側面、背面は吸気側のフィルターになっています。

IMGP288401.jpg

背面と側目2枚の3枚組みです。

IMGP288402.jpg

後ろを取ったところ。中のファンが見えます。

IMGP288403.jpg

全部とったところ。なんか頼りないです。フィルターはマグネットで付くので小気味良く着きます。

IMGP2892.jpg

offのときのペルチェ素子は外気温と同じ21.4度。大分暖かい季節になりました。

IMGP289201.jpg

onにすると-4.6度。かろうじて氷点下ですが外気温が30度を越せば残念ながら氷点下にはならないです。

ちなみに電源や材料に付いては2年前にざっくり書いているので興味がある方はそっちを参考にどうぞ。コチラ。


さて、そんな感じで今回の記事はおしまいですが、増岡ファームでお世話になった関東水草連合が100均の商品に限ったレイコンを開催するそうなので宣伝します。

100均一.jpg

100均の商品で超気楽にコンテストしましょうって企画です。とにかく気楽にやろうという趣旨がいいですね。お魚入れなくてもOKとのこと。DIY部門もあるとか。

正直ADAのレイコンとかもあるシーズンなので難しーって思う方もいるかもしれませんが、俺、ぶっちゃけ1日で作ってみようかと思ってます。即席アクアリウム。そんなスタンスでもきっと歓迎してくれるので、良い交流の機会になるとも思いますし、皆さん是非出品してみてね。詳しくはSUSさんのブログからどうぞ。コチラ


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑景気づけのために、是非お気軽クリックよろしくお願いします!


posted by katoget at 23:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 制作関連
この記事へのコメント
ボ、ボブって水槽のことだったのか!!(゚o゚;

クーラー自作ってめちゃくちゃすごいなぁー
かっこいいしなぁー
ベロチュー好きだっていうし(*⌒▽⌒*)
Posted by moomin at 2014年03月29日 07:22
ち、チンプンカンプンです・・・(´Д`;)
でも今年の夏は猛暑どころではないような予感がします。
クーラー欲しいぃぃ。。。
Posted by たかちん at 2014年03月30日 05:18
むーみんさん
ありがとうございます〜。
でもベロチューじゃないよペルチェだよ。でもむーみんさんならベロチューで水槽冷やせますよ絶対!
Posted by katoget at 2014年04月30日 22:19
たかちんさん
ペルチェ式クーラーは案外簡単なんですよ〜。小型水槽にしか使えないですけどね。
クーラー俺も欲しい〜。
Posted by katoget at 2014年04月30日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91899644
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック