2013年05月19日

水槽のフタの研究結果

panda.jpg

〜前回までのあらすじ〜
アクリル、PET、ポリカードネート、エンビ、ABSの5種類のプラスチックの内、どれが最も水槽のフタに向いているかを調べるため、10日間の実験を開始したのであった。

ということで結果発表です。実験の詳細は前回の記事で確認してくださいね。皆さんはどんな結果になっていると思いますか?10日間たったあとのそれらの状態はといいますと…ん!かなり差が出ています!触ってみると反っているものは明らか。網の上に置いてあったので重さでたるんだんじゃないんです。両端が反りあがって浮いちゃってるんです。そして種類による差は歴然。じゃあ早速1つ見てみましょう!

IMGP8521.jpg

なんと!わかりづらい!このプラスチックはかなり反っている感じなのですが、それでも全然ピンときませんね。反った部分を上に向け、奥に1mm間隔の線を引いた板を置き、真横から撮影して他のと比較しようとしたのですが、1〜2mmの反りだとほとんどパッと見変わらないんです。フォローしておくと18cmの長さの板が2mm反るって実物を見るとすごく反ってる感じなんですよ!1mmの反りでも大きい板ならそうとう反って感じるでしょう。とは言ったものの、この写真じゃ比べようが無いですよね。そこで考えました。

IMGP852101.jpg

IMGP852102.jpg

こんな感じで、最も反り上がった部分から水平に線を引いて右端で比べてみましょう!幸いどの板も右端は写真に納まっていました。これで計測方法も決まったので、早速反りにくいランキング、いってみましょう。

第5位(ビリ)
IMGP852102.jpg

ABS樹脂
はい、先ほどから使っている写真が、最も反ってしまったプラスチック、ABS樹脂でした!この結果から考えると、一番フタにしてはいけないのはABS樹脂です!とはいっても、ABS樹脂は工作素材としてはむしろ珍しいですからあんまりフタにする人はいないですよね。もし売ってても水槽のフタにはしないほうがいいですよ。

第4位
IMGP852103.jpg

アクリル樹脂
ビリから2番目に入ったのはおなじみアクリル樹脂でした。ビリではなかったものの、やっぱり反ってますね。18cmでこれですから、30cmくらいの水槽に使うだけでもすぐに「たわんだ」と感じられるでしょうね。フタにはお勧めしません。

第3位
IMGP852105.jpg

PET樹脂
3位はPET樹脂です。まぁまぁ反ってますね。手には入りやすいからついフタに使ってみたりすることも考えられますが、やっぱり反る覚悟はいるでしょうね。どんどんいきましょう。

第2位
IMGP852104.jpg

ポリカーボネート
2位は、ポリカーボネートでした!この結果はもしかしたら意外に思う人もいるかもしれませんね。なんせ水槽のフタ用でポリカーボネートのフタをお勧めするケースがあるからです。確かにアクリルとかに比べると反りにくいと思いましたが、まったく反らないというわけじゃないのでしょうね。ただ、透明度はバッチリなので、透明度とのバランスで考えると確かにフタとしてはアリなのかなと思います。

第1位
IMGP852106.jpg

塩化ビニール
栄えある第1位は塩化ビニールでした!結果はダントツでした。反ってないんです。エンビすげぇ。俺なら水槽のフタはエンビにします。ただエンビ、唯一の弱点は透明度がちょっと低いんですよね。(追記:下にも追記しましたが、エンビは熱にも弱いです。唯一の弱点じゃなくて唯二の弱点です。)

IMGP8782.jpg

前回の記事に載せた画像ですが、エンビは左から2番目。中央のアクリルに比べると、やっぱりちょっと色味がありますよね。俺は気にならない範囲ですが、すごく光にこだわる人にはお勧めしないですね。

いかがでしたでしょうか?とってもニッチな内容でしたが、一部の限られた方々は楽しめたのではないでしょうか。素材によってバラつきもあるでしょうからあくまで参考程度にしてくださいね。他にも厚さや重さによる反りやすさも関係してきますからね。んーフタも奥が深い!

これが楽しめちゃった方も楽しめなかった方も、きっとアクアライフの記事はもっと楽しめますよ。なんせ写真とイラスト沢山です。加工の仕方とかはアクアライフ6月号に詳しく書きましたので是非見てくださいねー!

※追記
コメントで就活なうさんから、「エンビは熱でスルメイカみたいに反りますよ!」という情報を頂いたので、早速ヴォルテスの直下に置いて実験してみました。反りました!熱源に近いところが歪んじゃったといった感じです。熱に弱いのは間違いないようです。とはいえ熱源から遠かったりLEDでやってる水槽ではほぼ反りは見られないので、使用する環境を考えて選ぶのが無難そうです。就活なうさんの仰るとおりポリカーボネートはインターネットで調べても熱に強いと評判なので、確実に反らしたくないなら分厚いポリカーボネート、照明の熱が大したことなさそうならエンビ、と使い分けるといいかもしれません。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑お気軽クリックしてくれると嬉しいです〜。

posted by katoget at 22:35| Comment(13) | TrackBack(0) | 制作関連
この記事へのコメント
フタって奥深いですね(笑)
丁度60cmのフタ割っちゃったんでこれはタイムリーな記事!
参考にさせていただきます(^^
Posted by Sak at 2013年05月19日 22:57
Sakさん

早速ありがとうございます!
フタだけに身も蓋もないこと言いますと、ガラスがお勧めですよw
Posted by katoget at 2013年05月19日 23:06
蓋におすすめなのは、蓋をしないことですよ!
透明度が違いますし反りません!

アクアライフ7月号も楽しみにしています。
Posted by はげじゅう at 2013年05月20日 08:28
はじめまして
蓋に向いてない素材、NO2のアクリルで45cm水槽の蓋を作ってしまい
たまに、フタを外して辞書で重石をして戻しています(泣)
もっと早くにこの結果を知っていれば・・・?
アクアライフ、楽しみにさせていただいてます♪
Posted by kotori at 2013年05月20日 16:32
はげじゅうさん

そんな身も蓋もないことを!とは言っても、フタをしないって言うのは一つの選択肢ですよね。でも俺はフタ推奨派!水も減らないこぼれない!
来月号は死ぬほど簡単な水槽台ですよ!
Posted by katoget at 2013年05月20日 21:40
kotoriさん

はじめまして!アクリルのフタ、多くの人がやったことあるみたいですね。俺ももちろん経験者です。反りましたね〜。もう反ったまま使ってましたけどね。
アクアライフの記事読んでくれてあざっす!ホント嬉しいです。
Posted by katoget at 2013年05月20日 21:45
ほほー、塩ビですか。
意外でした。
最近は、ホームセンターでアクリルの代替品として、
安価に入手できるのがいいところですね。
たしかに、サングラスよろしく風に、ちょっと透明度が低いですよね。
すごく参考になりました。
反りが怖くてフタができませんでしたが、
夏の蒸発による水位低下もバカにならないので、
テラ部分をうまくくり抜いたフタを作って見たいところです。
Posted by 333ばんきん at 2013年05月20日 23:55
はじめまして。アクアライフ買いました。
ちょうど我が家の水槽にはフタがないので興味深々でしたw

うちはエアレーションしてるので、きっとフタがびしょびしょになって、すぐ汚れると思うんです。そうならないように水槽の角っこだけのフタとかあったらいいなw

来月も楽しみにしてまーす。
Posted by ムッティ at 2013年05月21日 01:42
333ばんきんさん

333さんには喜んでいただけるかなと思ってました!
プラスチック類は楽に加工できるのがメリットですから、切り抜いて使うのにはバッチリですね。うちの近所のホームセンターには透明で厚みのある塩ビ板はないんで、結構探しましたよー。
Posted by katoget at 2013年05月21日 09:57
ムッティさん

はじめして!記事読んでくれてありがとうございます!(土下座)
水槽のフチ用のフタ、あったらいいですねー。そんな時こそ作っちゃいましょう!塩ビ板ならアクリル板より割れにくくて加工もしやすいっす。ドリルも木工用入りますし。
来月号も頑張ります!
Posted by katoget at 2013年05月21日 10:02
はじめまして!僕もAL買いましたよ〜

僕も水槽の自作が好きで,以前からブログ拝見してます.
しかし今回,同じ実験をした過去があるので
コメントせずにはいられない!

僕も実験の結果,2mm塩ビで蓋を作りました...
が,塩ビは熱に極端に弱いようです.
水では何ともなかったのに,いざ使うと蛍光灯の熱で
スルメイカのように反っていきます!
耐水性,耐熱性,透明度,加工性のバランスから,
ポリカーボネイドがベストではないかと思います.
加藤さんの実験では多少反っていますが,
厚さ5mmにすれば,水,照明熱での変形はほぼないです!
ガラスやアクリルと違って,加工中割れないし...

長々と失礼しました!今後も楽しく拝見させて頂きます^^
では〜

(関係ないですが,最近自作熱が重症化し,
卓上フライス盤の購入を検討してます,背中押してくださいw)
Posted by 就活なう at 2013年05月21日 22:08
就活なうさん

はじめまして!貴重な情報ありがとうございます!
塩ビのフタがスルメイカのように反ってしまうとは驚き!
うちの水槽にも塩ビのフタをつかっているものがあるんですが、それはそんな反ってないですね。光源の発熱量や距離が関係してるんでしょうね。
そうなると水槽のフタ選ぶ際は光源の種類と熱も考慮した方が確実ですね。5mmのポリカーボネートは最強そうで羨ましい!
記事も読んでいただいてありがとうございます!フライス絶対買ったほうがいいですよ!!
Posted by katoget at 2013年05月21日 23:14
就活なうさん

早速エンビのフタをヴォルテスの直下において実験したら、すぐ反りました!情報ありがとうございました!就活なうさんのアドバイスを元に、ブログに追記させてもらいました〜。
Posted by katoget at 2013年05月22日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67984546
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック