2013年04月26日

TAUとCAJのスーパーセッション〜後編〜

〜あらすじ〜
小野さんの指導により、岩組みレイアウトの特訓を受けたアクアリスト達。しかし次の講義まではもう30分もなかったのだった…

ということで小休止です。緊張しまくった岩組みレクチャーを終え、みんなで次の会場へ向かいます。そう、次の会場は、素材の宝庫のAn aquariumではなく、別会場の本格的なゼミ室なのです。みんなでぞろぞろそちらの会場へ向かいます。

しかし、問題がありました。次の講義まではもう30分を切っていますが、その中で食事も済ましてしまわなければいけません。ファミレスへ向かった方々が多い中、たまたま近くにいたマックスさん、オクモトさん、カワシマさんと俺。「これファミレスじゃきっと間に合わないよ…」「どうする…?」「…よし!そこのラーメン屋さんにしましょう!」ということで、急遽ラーメン屋さんにいくことが決定。店員さんに「なにが一番早いですか!?」と聞いたところ、「タンタンメンヨ!」ということで、「坦々麺4つ!」チーム坦々麺、結成です。

IMG_1203.gif

ものすごい勢いで坦々面を食べる大人たち!5分かからなかったんではないでしょうか。おかげで何とか私達は時間内の会場入りに間に合いました。でも結局、みんなが食事から帰ってきてから講義が始まったので、あんまり意味無かったんですけどね!

さて、とりあえず早めに会場入りできた私達でしたが、講義の準備で少しバタバタ。落ち着いてきたころに、ふと振り返ってみると、タナカカツキさんの「水草水槽のせかい」のサイン会が始まっているじゃないですか!待ってましたとばかり、すでに読みまくってヨボヨボになってきた私の「水草水槽のせかい」をバックから取り出しました。そして、「私もお願いしていいですか…!」とお願いしたところ…

IMG_1206.jpg

「もちろんじゃないですかー!」と快くサインをしいていただけました!やったー!人生初サイン本!

IMG_1207.jpg

加藤水槽わくわく!

IMG_1208.jpg

加藤水槽かんげき!


さて、休憩もそろそろおしまい。いよいよ豪華講師陣による講義が始まろうとしています。会場は実技講習とはまた違う緊張感に包まれ始めました。まず、レクチャーをしてくださるのは、先ほどサインをして頂いた、タナカカツキさんです。

IMG_1211.jpg

カツキさんの講義はプロジェクターを用いたもの。流石美術大学で教えられているプロならではの本格的な雰囲気。これは本当にアクアリストの集まりなのでしょうか。

IMG_1212.jpg

そしてテーマは「水草水槽は芸術か?」です。これはグッくるテーマ!誰しもが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。私自身、美術を教える仕事をしていることもあり、このテーマには興味津々です。

生花の歴史と重ねながら、日本人の価値観や、山田洋氏が提唱するアクアートについて等々、興味の尽きることの無い内容でした。私には到底書ききれないボリューム!

そして濃厚なカツキさんの講義の後、お次はAn aquariumの志藤さん。言わずと知れた、本物の水草、熱帯魚の専門家です。

IMG_1215.jpg

今度は一転、部屋を明るくして黒板を用いた板書方式です。完全に講習会です。これって本当にアクアリリストの集まりなのか!

IMG_1221.jpg

テーマは「みずくさのひとりごと」。今回の集まりが水草レイアウターの集団ということもあり、水草レイアウトにおける水草との付き合い方についての講義です。すごく科学的な話や生物学的な話が織り交ざり、カツキさんとは全然違う切り口。そのギャップもむちゃくちゃ面白い!

IMG_1219.jpg

藍藻は新しい生物との出会いなんすよ!全体的に高度な内容をすごく楽しく、わかりやすく説明していただきました。私には到底書ききれないボリューム!あ、とりあえず水替えはジャスティスです。

そんなこんなで、ゼミ室の使用時間いっぱいまで講義をしていただきました。この時点で21時半です。15時に集合してもう6時間半!すごいボリュームで知恵熱がでそうでした。それでは解散!

IMG_1225.jpg

違います!カンパーイ!まだ終わりません。いつもの青森居酒屋で、最後のレクチャーです。カトカズさんも体調が優れないのに、このときは満面の笑み!みんな自分が持ち寄った水槽の写真を、色んな方にチェックしてもらいまくります。一喜一憂してそして飲んで食べました。これにて本当にお終いです。皆さんありがとうございました!お疲れ様でしたー!

IMG_1230.jpg

そして私は27Lさんの27Lカーに乗せてもらってらくらく帰宅。27Lさん、本当にありがとうございましたー!夜の高速を突っ走る27Lカーに揺られ、ボーっと濃厚な1日を噛み締めるのでありました。おしまい。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑お気軽クリックしてくれると嬉しいです〜。



posted by katoget at 22:44| Comment(4) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
プロジェクターでの解説だったり板書方式だったり、びっくり半分羨ましい半分です。水景道がいつか数式やプログラムで組む日がきたらびっくりですね。
Posted by はげじゅう at 2013年04月27日 08:11
講義や実技とても濃い一日ですね!いつか自分も参加できたらいいのになー

藍藻と出会いもう同居してもうそろそろ1年が過ぎようとしてます。。最初のコケが藍藻だったのでそれ以外のコケにはとても寛容になってしまった!
Posted by ょ at 2013年04月27日 11:02
はげじゅうさん

コンピューターがレイアウトした水槽、いつかあるかもしれませんねー。とっても贅沢な1日でした!
Posted by katoget at 2013年04月27日 18:59
ょさん

An aquariumさんは定期的にゼミをやっているみたいです!ぜひぜひ参加しましょうよー。

藍藻と長い付き合いなんですねー。ょさんにとっては新しい生き物との出会いというより、居候なんですね。いつの日か駆除できるといいですね!
Posted by katoget at 2013年04月27日 19:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65711215
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック