2013年04月23日

TAUとCAJのスーパーセッション〜前編〜

TAUとCAJ、皆様ご存知でしょうか。
ご存知でない?そんな方は是非コチラコチラから先にお読みください。

そんなTAUとCAJの第3回目のセッション、先日参加してまいりました!8時間にも及ぶそのイベントの、今回は私の目線で前半部分をお送りします!

IMG_1149.jpg

15時、全国からTAU、CAJの関係者の方々が会場であるAn aquariumさんに集まっていました。今回はまずはレイアウトの実技指導をしていただき、後半は様々な講義をしていただくという豪華な日程になっています。そして会場につくなり写真のような用意がされていました。そう、今回は岩組みレイアウトの特訓です!

IMG_1155.jpg

講師はもちろんTAUの小野さんです。今回も仏の顔と鬼の顔で、ビシバシ指導してくれます。

-LESSON1- 一人一石を投じる
今回も多くの課題に全員でぶつかっていきます。まずは一人ずつ石を置いてレイアウトを完成させるという課題。現状を理解し、次の一手を考える。さながら詰め将棋のような感覚です。

IMG_1153.jpg

石の表情を感じ、置く場所を考える。会場は緊張感に包まれています。写真はウンベさんが石と己と向き合っている場面。

IMG_1159.jpg

石は一人一人が置いていき、自然とバランスがとれていきます。終盤になるほど雰囲気が完成していくので、後になるにつれてプレッシャーは増していきます。そして加藤水槽、アンカーです… 私の前にはTAUの実力者、深田さんがすばらしい一石を投じ、レイアウトは完成している状況。皆様でしたら上の写真、あと1個石を置くならならどこにしますか?

メンタルの弱い加藤は自分の番が迫ってくる度に鼓動が増していきます。失神しそう。ストレスで口中に口内炎ができそうでしたが、必死に水槽と対話し、ここに置きました。

IMG_1161.jpg

ここです。どうでしょうか。既にほとんど雰囲気ができていたので、雰囲気を壊さないように、かつ右の重さに響きあうように左奥に配置しました。講師の小野さんにも、趣旨を理解していただき、安堵のため息。脳みそアドレナリンでいっぱいです。

IMG_1162.jpg

ちなみにレイアウト用に貸してもらった手袋はGEX。徹底している。

-LESSON2- 底床の形から考える
間髪いれずに次の修行です。今度は最初の人がソイルをいじって底床の形を設定し、次からの人は底床をできるだけいじらずレイアウトしていくというルール。今回は石を置く順番をさっきと逆にするという事で、加藤水槽が1番目。ようするに自由にソイルをいじって良い当番です。「マジで自由でいいんすかぁ…(ニヤァ)」と、不適にソイルをいじる加藤。さっきのプレッシャーの反動で無茶なことしてやる気満々です。でも小野さんに「他の人にパスしやすいようにも意識してくださいね。最後にまたご自分に当たるかもしれないし…(ニヤァ)」と言われ、加藤水槽、動揺!

IMG_1163.jpg

その結果、写真のような中途半端なW型に。ホントゴメンナサイ!この状態に石を置いていくのは間違いなく難しい。

IMG_1164.jpg

じゃんけんで勝ってしまうと俺のソイルの方で組まないといけないという、ちょっと罰ゲーム感覚。それでも、TAMのハヤシさんの会心の一石おかげで少しずつ復活していく俺がソイルを敷いた水槽。

IMG_1172.jpg

そして、最後にオクモトさんが設置し終えた状態がコチラ。おお!小気味いい!自分のソイルが一人前の岩組みになった様子が見れて私はとても嬉しかったのです。さあ、次のレッスンは何だろう。と思いきや…。「じゃあ最初の人、最後に手を加えてください。」と、小野さん。あ、本当に帰ってくるのですね。最初のレッスンのような心の準備が無い私は混乱した挙句…

IMG_1174.jpg

こ、こ、ここかな。あ、違う。色も雰囲気も。ちょっと、待って。待って。でも終了です。

IMG_1177.jpg

「…加藤水槽さん。意図はわかりますよ!」小野さんはホントに優しいです。正直、私が手を入れる前のほうがかっこ良かったと思っていますが、全てが勉強です。

-LESSON3- 斜面にレイアウト
IMG_1185.jpg

そして、次の課題はソイルを斜面にしてのレイアウトです。加藤水槽は先ほど贅沢をさせていただいたのでちょっと休憩。人のを見るのも本当に勉強になります。

-LESSON4- 自由にレイアウト
最後の課題は自由テーマです。短い時間で自由に組みます。時間の都合で選ばれた4名の方だけが挑戦しました。

IMG_1189.jpg

愛媛愛知からいらっしゃった中村さん。雄大です。

IMG_1190.jpg

ウンベラータさん。かわいいです。

IMG_1199.jpg

TAUの渡辺さん。かっこいい。

IMG_1200.jpg

カトウカズヤさん。絶妙なバランス。カトカズさんはこの時がんばり過ぎてその後ちょっと体調を崩されました。

駆け足で説明したので色々と説明不足なところがあります。ご了承ください。とりあえずここまでで前半終了です。以下次回!



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑お気軽クリックしてくれると嬉しいです〜。



posted by katoget at 23:42| Comment(8) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
はじめまして!
いつも楽しく読ませて頂いています^^

見ているだけでドキドキしました^^;プレゼンしてるみたいですね。見ている分には楽しそうですが、とても出場できないです。
ソイルのW型、力強さが伝わってきました。石を置くことでさらに力強さが増したように思います。

いつかは加藤水槽本社へ行ってみたいです〜
Posted by masafi1015 at 2013年04月24日 06:51
カツキ先生のところでも見ましたが、なんていいますか写真を見ているコチラも緊張感や何とも言えないオーラを感じます。

そして皆さんの気迫や熱気が伝わる石組をこうして見れることに大変感謝しております。
Posted by はげじゅう at 2013年04月24日 08:02
masafi1015さん

はじめまして!
臨場感が少しでも伝わっていただけたら、記事にした甲斐があるってもんです。正直小型水槽しかない私には、かなりプレッシャーでした。でもやって良かった!と思える充実感があるんですよ。

ソイルのW、もったいないお言葉ではありますが、とても嬉しいです。

機会があれば是非、遊びに来てください。
Posted by katoget at 2013年04月24日 21:11
はげじゅうさん

あの空気感がちょっとでも伝われば嬉しいです!

多くの方の石の置き方を見れる機会って、めったに無いですもんね。本当に良い勉強になりました。
Posted by katoget at 2013年04月24日 21:13
はじめまして!

いやぁ〜ほんと面白そうな場ですねぇ〜^^
1個目と2個目の問題?も、両方とも私は左の大きい石の手前に横たえるような石をイメージしちゃいました。・・・二個とも同じような場所かぁ〜・・・と勝手に自分の想像力のなさに気落ちですwwww

Posted by moomin at 2013年04月25日 05:57
加藤様

先日はお疲れ様でした〜。
皆様が苦しむのを楽しんで見ていました(笑)。

ちなみに中村さんは愛媛ではなく愛知です〜。

また次回も楽しみにしてて下さい。
Posted by oh!no! at 2013年04月25日 09:07
moominさん

はじめまして!なるほど、左の石の手前、アリですね!カッコよさそうです。

石に限らずレイアウトってクセがでちゃいますよね。そういったことに気づくことができるのもあのレクチャーの特色だと思います。
Posted by katoget at 2013年04月25日 20:18
oh!no!さん

なんと!コメントありがとうございます!その節はお世話になりました。もう、小野さんのドS!でも小野さんのご指導、本当に勉強になります。

誤記のご指摘ありがとうございます!早速修正いたしました。「愛」の部分しか覚えてませんでした。中村さんに大変失礼いたしました。

それと勝手ではありますが、多重になってしまったと思われる投稿は古い方を消して起きますね。余計なお世話でしたら申し訳ありません。
Posted by katoget at 2013年04月25日 20:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65375139
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック