2013年04月01日

最新作『加藤水槽エコノミー』!!!!

4月になりましたね。前回の記事で未発表の作品を発表するとか言いましたが、ちょっと待ってて下さい。実はなぜか昨夜、どうしても新作を作って今日中に発表しなければと思い立ちましたので、私の持てる技術の全ての注ぎ込んで最高の水槽を作り上げてしまいました!その名も『加藤水槽エコノミー』です!

IMGP8591.jpg

今回のテーマは『ワクワクさんリスペクト』です。先月終了した『つくってあそぼ』、私も小さいころから楽しんでいた一人です。そんなワクワクさんへの気持ちと、加藤水槽の技術の集大成がこの『加藤水槽エコノミー』です。

IMGP8581.jpg

今回の水槽は総水量300ml!恐ろしい少ない量ですが、なんと、ほとんどの生き物を入れることができます!まぁ、長期的に生き物を飼育するのは少し難しいかもしれません。なぜなら今回、ろ過装置が完全に無いからです。まるでただのコップのようですね。でも水を綺麗に保つことだってもちろんできます。それはとても画期的な方法で、汚れた水を捨てて、綺麗な水に入れ替えるだけ!3時間に1回くらい水を替えればいつだって水はピカピカです!

IMGP8584.jpg

とてもファンシーなこの箱は主に紙でできています。普段だったら土台に配管を仕込みますが、今回は少し水に弱い素材なので、配管にするのは諦めました。その代わり、この箱にはペンを立てたりできちゃいます。この色は折り紙を張ってかわいくしています。

IMGP8589.jpg

照明は今回、『ビーンズライトバルブ』というすごくトラディショナルなものを使っています。豆電球ともいいます。なんとたった3Vで光ります!エコ!

IMGP8588.jpg

なんかなつかしい色味!電池ボックスは水槽横の箱に入れればOK!

もちろん、今回の水槽もクーラーを用意しています。こだわりの加藤水槽ですからね。ただ今回はちょこっと既製品の部分が多いかな?

IMGP8605.jpg

こちらが水槽用クーラーです!非常にパワーがあり、3段階の切り替えが可能。ついでに人間にも涼しい風が当たります。ただし、水槽に風を当てすぎるとコップの水が全て干上がっちゃうから気をつけて!

今回の水槽、ちょこっと魚を飼育するのが難しいかもなーと思ったので、今回は魚も作りました!

IMGP8590.jpg

魚を作ったのは今回が初めてですね。魚は折り紙が素材です。そのままでは水ですぐ痛むので、折り紙の表裏にセロハンテープを貼っています。針金を支えにしています。

IMGP8594.jpg

豆電球の光がとってもキュートですね。水草みたいなのは道端にはえてたぺんぺん草です。もちろんホームページ『加藤水槽』の方にもちゃんとページありますから見てみてくださいね!コチラ!なんか近日中にそのページ消えちゃう気がしますのでお早めに(このブログの記事は消しません)。

とってもキュートで、ノスタルジック、しかもハイテクな今回の水槽、なんと、小学生でも作れてしまいます!材料費もとっても安くすむので、是非皆さんも『加藤水槽エコノミー』作ってみてくださいね!



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑お気軽クリックをよろしくおねがいします〜。

posted by katoget at 21:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 水槽
この記事へのコメント
これは未来的で素敵な水槽ですね。
ビーンズなんたらライト、初めて見ました。
自分のDIYにも取り入れて見たいと思いますが、
3Vのエコ設計となると、お高いんでしょうね〜。
HPの設計図は、3次元CADで描かれたんですね。
飛び出して見えましたよ。
Posted by 333ばんきん at 2013年04月01日 22:07
いやぁ、すばらしいアイデア(笑)
ワクワクさん、ゴロリも満足の出来ですよ、きっと^^
未発表の作品楽しみにしてます!
Posted by Sak at 2013年04月01日 22:38
333ばんきんさん
流石にお目が高い。ビーンズ電球ですが、一部では小学校の教材とかでも使われてるそうです。
値段も間違いなく高いでしょうね。私のような庶民には手が出ません。たまたま空から降ってきたので手に入れました。
HPの図は、今回「念写」という技術で、ペンタブを持たずに書きました。
Posted by katoget at 2013年04月01日 22:50
Sakさん
今回はワクワクさんとゴロリを思い浮かべながら作ったのでうれしいです!
昨夜思いついてしまったので、大急ぎで用意しました。
今度の記事にこそちゃんと水槽アップしますねっ!
Posted by katoget at 2013年04月01日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64260324
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック