2013年02月18日

ちっさい水草電球を作る!

先月、27Lさんのお家に行きましたーっていうのは記事を読んでくれた方はご存知かも。かっちょいいお家だったー…

IMGP8212.jpg

水草電球もかっこ良かったー…

名称未設定-1.jpg

水草電球… 欲しい…

作ろう!

ということで、作ることにしました。が、さすがに本物の大きさのは難しい。いっそ妥協して小さくてもいいか。そういえば、電球をくりぬいて容器にするって方法掲載してるサイトあったな。
これこれ→DIY Hollow Out A Light Bulb
とりあえず、このサイトとかを参考に沢山作ってみました。簡単なんで誰でも作れるように、俺なりにアレンジした作り方を大公開。皆で作ってみましょうー。自己責任でね!

材料と道具はこちら

IMGP8393.jpg

上のサイトよりちょっと多いですけど安全、簡単にやるためっす。電球なんですけど、白いシリカ電球じゃなくて透明電球を使うといいです。シリカ電球の白いのは電球の内側に軽くついてるだけなんで落とせるんですが、体にあまり良くないらしく、落とすのめんどくさいしね。

1.電球の文字とかを落とす

IMGP8394.jpg

カッターナイフの裏とかでやさしくカリカリして電球の頭の文字を削り落とします。電球によっては裏からプリントしてあるのもあるので、そういうのは諦めましょう。安い電球がいいですよ。

2.底のアルミやハンダの部分に凹みをつける

IMGP8396.jpg

底は大体柔らかいアルミかハンダか銅です。ドリルの刃が滑らない程度の凹みを千枚通しやニードルみたいなやつでぐりぐり跡をつけます。

3.ドリルで底の部分を削り取る

IMGP8400.jpg

凹ませたところにドリルの刃を合わせて慎重に削っていきましょう。さくさく削れるはずです。しばらく削ると底の金属がポロッといきます。なかなか取れなかったらラジオペンチなどを併用して取りましょう。

4.黒い絶縁体のガラスを取る

IMGP8402.jpg

底の黒い部分はガラスです。中心に小さい穴があるはずなので、そこを狙ってドリルでドリドリしたり、千枚通しでグリグリして、ガラスを割り、取りましょう。ラジオペンチなどを併用するといいですよ。

5.手前のガラスの細い柱を折る

IMGP8404.jpg

絶縁体を取ると次は細いガラスが飛びでてるので、ラジオペンチでやさしく折ります。運がいいと一つ前の工程ですでに折れています。わかりづらかったら画像をクリックして拡大してくださいね。

6.内側のガラス膜をぶち割る

IMGP8405.jpg

内側のガラスを割って中身を取り出します。これをやらないと容器になりません。お勧めは細い鉄柱や鉄パイプをセットし、トンカチでトントンします。強すぎると電球の外側まで割っちゃいますが、弱すぎてもなかなか割れません。集中してがんばって!

7.中身をズルズル引き抜く

IMGP8407.jpg

割れた部分からラジオペンチを突っ込み中身を引き抜きます。細いワイヤーで口金の内側ともくっついてるのでその辺もラジオペンチで取っちゃいましょう。

8.割った内側のガラス面を削る

IMGP8409.jpg

内側のガラス膜は無理に割ったのでガタガタしてたり、狭かったりします。できる範囲でガタガタしているところを削りましょう。金属やすりがいいですよ。どこかわからなかったら写真をクリックしてくださいね。

以上です。簡単でしょ?実は実験的に電球を容器にする流れを動画にしてYouTubeにアップしてみましたー。これ見るともっと手順がわかると思います!


結構撮影緊張しました!

はてさて、そして出来上がった電球に水と水草を入れて、吊るしてLEDで照らすと…

IMGP8423.jpg

うん!小さいけど水草電球してるよ!たのしーよコレ!

IMGP8307.jpg

置いてみる。うん、これでもいいね!

IMGP8305.jpg

チランジアを入れてみる。うんうん。これも悪くないね!水も入ってないし管理も楽ね!

IMGP8433.jpg

多肉植物を入れてみる。これもいいね!でも、こういう風にガラスを上にしてしまうと曇りやすいんだよねー。倒れやすいし。注意が必要だね。

本物の水草電球にはかなわないけど、なかなか遊べる電球容器でしたー。注意することは、入り口が狭いので、大きいものが入れられないことと、そのままだとコロコロ転がっちゃうこと。あと、電球はメーカーごとにほんの少しずつ違うので、うまくいかないときは他のメーカーの電球で試してみるといいかも。それと口金の接着剤がまれに弱いものもあるみたいで、吊るすとポロッととれちゃうかも!色々、気をつけることありますが、楽しいのでぜひ自作してみてくださいね!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
お気軽クリックをよろしくおねがいします〜。


posted by katoget at 22:57| Comment(12) | TrackBack(0) | 制作関連
この記事へのコメント
さすが!
ちっさいのもいいですね〜
口金はE26じゃないと辛そうw
100W用の大きいやつとか、ハロゲンビーム球とか、いろいろバリエーションも楽しめそうですね!
Posted by 27L at 2013年02月19日 00:14
はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。
偶然ですが、私も、水草電球を作成しておりました。
同じ方法で電球をくり抜いて、LEDを仕込みました。
近日中に、完成品を記事にしようと思っていますので、
お暇な時にでもご覧いただければ幸いです。
本日の記事に、予告画像をUPしました。

とても素敵で、画期的な水槽にいつも魅了されっぱなしです。
今後も、見たこともない水槽を開発、公開していただければと思っております。

勝手ながら、リンクを貼らせていただいております。
ご了承ください。
Posted by 333bankin at 2013年02月19日 00:17
27Lさん

やったー!元祖水草電球の27Lさんに褒めてもらったー!
御宅訪問させてもらって、インスパイアを受けた賜物です。E26より小さいとキツイでしょうねー。E26でも口小さいですもん。でもボトルシップを組むような楽しみがありますよー。
Posted by katoget at 2013年02月19日 07:15
333bankinさん

始めまして!コメントありがとうございます!
水草電球、びっくりするほど偶然ですね!しかも、写真を見せてもらったところ、俺のより俄然完成度が高い!参りました!

ブログ、まだざっとですが、拝見いたしました。特にDIYの項目に興味があり、一通り見てみたところ、何と『ビーカー水槽』なるものが出てきて、感動してしまいました!すばらしいアイデアですね。

リンク大歓迎です。今後ともよろしくお願いします!
Posted by katoget at 2013年02月19日 07:30
SDAの新年会ではどうも^^
水草電球を自作してしまうとは!加藤水槽さんの自作力すんばらしいです!!
動画も拝見させて頂きましたが、かっこいい製作動画ですね^^
Posted by Sak at 2013年02月20日 00:13
試作品が完成したので、記事にして見ました。
http://bankin333.blog.fc2.com/blog-entry-325.html
LEDの種類、吊り下げ方式、
色々と問題点が発見できたので、
正式版作成に向けて、再検討したいと思っています。

3連吊り下げが、イメージしていたほどかっこ良くなかったのは誤算でした
Posted by 333ばんきん at 2013年02月20日 00:57
工具セットを実家に置いてきてしまった事をとても後悔中です。
自分もつくってみたいなー
動画加藤さんが歌いだした!と思ってびっくりしました(笑)
Posted by ょ at 2013年02月20日 11:38
Sakさん

どーもども。動画見ちゃいましたー?あたふた動いてるでしょ。無編集の動画だからかっこ良く見えるのはBGMのおかげ!Youtubeは編集もできるし、BGMも無料で使えるんで、便利すね!
Posted by katoget at 2013年02月20日 17:09
333ばんきんさん

記事見ましたよー!バッチリじゃないですか!正式版も楽しみですー。

3連吊り下げ、俺はアリだと思いますよっ!
Posted by katoget at 2013年02月20日 17:13
ょさん

歌わないですよー!工作しながら歌う動画は世間の注目を集めそうですけどね!

俺の参考にしたサイトはニッパーとドライバーだけで作ってますから、100均で電球と合わせて買って300円!自作するっきゃないー。
Posted by katoget at 2013年02月20日 17:19
ご報告遅れて申し訳ないー
その節はステキなプレゼントをありがとうございました!
いただいたブツはデスク周りに飾りたかったのですが、ヨメに奪われました。
止めろと言ったのに、水をなみなみ入れて天井から吊るしてます…
Posted by かわしま at 2013年02月27日 22:45
かわしまさん

あら!わざわざご連絡ありがとうございます!原価がかかってないのばれちゃいましたねw

ぶっちゃけ俺も水入れて使ってますよー。たくさん電球加工しましたが、接着剤が取れたのは1つだけ!気にしすぎましたかね。万が一壊れても被害も少ないですしね。

壊れたらまた差し上げます!
Posted by katoget at 2013年02月28日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62628323
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック