2012年05月21日

いっこ目の加藤水槽

P3260009.jpg

タイトルの通り、この水槽は1個目の加藤水槽です。
ホームページの01となってるところに載ってる水槽ですね。01っていうのは1個目の水槽というわけです。本当はこれ以前にも水槽用品を作ったりはしていましたが、この水槽には現在に繋がる連通管の技術を採用しているところがあるので、加藤水槽の1個目としています。

P3250125.jpg

この写真の美しいショーベタを飼育していました。もともとベタとかのアナバスの仲間が好きなんですが、『黒い石と青い魚ってかっこよくないか!』というカタチから入った感じの水槽でした。石は北海道から取り寄せた黒曜石です。

この水槽、見た感じ配管が皆無に見えますが、棚の壁面にくり抜いて設置してあります。濾過槽は下の段に設置できます。

IMGP6381.jpg

本と並べても遜色ないように、木製のカバーがついています。

IMGP6383.jpg

カバーをどかすと濾過槽が見れます。外部濾過ではなく、オーバーフローのサンプ的な役割です。ここにヒーターを設置でき、水中ポンプで上の水槽に水を送ります。特筆すべきは『マツモ濾過』の部分があり、濾過槽に赤LEDを設置しマツモを飼育していました。

IMGP6386.jpg

照明は当時(5〜6年前)にはまだ馴染みの薄かったLEDを採用しています。当時はあまり技術が無かったので、LED電球として売られていたものをバラして、6個使用しました。

で、色々説明しましたこの水槽ですが、失敗作です!
加藤水槽として作った水槽はほとんど現役で動かしているんですが、この01号だけ!現在、完全に解体されています。バカボンド専用本棚になっています。
失敗点は多々あって、「配管が狭すぎて、流量が少なすぎた」「メンテナンスがしにく過ぎた」「元にした家具がMDF合板で水に弱すぎた」「マツモ濾過の部分がコケだらけになっていた」などなど…
実は加藤水槽は割りと行き当たりばったりで設計してるんで、作ってから致命的なミスが見つかったりします。それらの経験を次に生かすんですが、1個目であるこれは凄まじい失敗の山でした。それだけ得るものが多かったんですね。

近いうちにこれらの写真をホームページにも掲載しておきます。各水槽の説明文もいい加減作りますので、今後ともどうぞよろしく。

posted by katoget at 00:06| Comment(0) | 水槽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。