2012年05月06日

加藤水槽06完結編

IMGP6161.jpg

はい。水槽もお魚も落ち着いてきたので最後の撮影も終わりました。
これにて水槽06はひとまずおしまいです。後はまったりと金魚と暮らしていくだけですが、ここでもう一度水槽06のおさらいをしようと思います。これからは水槽の説明をしていく機会も増えそうなのでそれの練習です。

金魚鉢のような小さい水槽で魚を飼育したいって思ったことありませんか?金魚鉢も「金魚」と名がつくんだから魚が飼育しやすそうです。
でも魚を健康に飼うには綺麗な水を維持しなければいけません。毎日水を交換できれば十分ですが、それじゃあ外出するのも大変。そこで水を綺麗にするため様々な機材が開発されていきました。

図2.gif

投げ込み式、上部濾過、底面濾過、外部濾過、オーバーフロー、などなど。これらをもし金魚鉢に使うとどんな感じになるでしょうか。

図202.gif

ちょっとオーバーですが、どうしても金魚鉢が窮屈になってしまいます。これじゃあ、金魚を買ってるのか器具を飼ってるのかわかりません。

そこで、何とか金魚鉢には生き物以外入れず、しっかり濾過をして、さらに回りもコンパクトになる方法は無いかと考えた結果が加藤水槽06です。

03.gif

このような配管にすることで、エアポンプ式の底面濾過と同じような構造になり、しっかり濾過ができ、かつ水槽内に濾過器具が無いという構造にすることができるんです。ナイス!

でも、中には金魚鉢で金魚じゃなく熱帯魚が飼いたいという人もいますよね。金魚と違ってしっかりした温度管理が必要な場合、水槽の中にヒーターやクーラーなど設置する必要があるので、また水槽が窮屈になります。そこで加藤水槽は水槽の美観をできるだけキープしつつ温度調整するオプションを作りました。

IMGP5955.jpg

この黒い板に載せれば内蔵された水冷式ペルチェ素子とフィルムヒーターで温度調整も万全!小型水槽は実は夏場の温度の上がりすぎが一番怖いんですが、この金魚鉢4リットル程度なら小型のペルチェでも十分冷やせちゃいます。

そして水槽を鑑賞する上で欠かせない照明、私はLED工作が好きなので好んで使っていますが、大事にしていることは演色性の高いLEDを使うこと。写真に撮ると一目瞭然ですが、演色性の低いLEDはすごく黄色っぽくなります。今回は演色性の高い6W級のLEDを2Wで使い、銅のヒートシンクを使って作ってみました。

名称未設定-1.jpg

水槽本体と同じく無垢のチークがこだわりです。そのLEDで撮影した写真がコチラ。

IMGP6298.jpg

それと金魚は上見も大事だと思うので、上から見たのはコチラ。

IMGP6252.jpg

いかがでしたでしょうか。初めて加藤水槽のぞいた人でもどんなことやっているかわかっていただけたら幸いです。次は次回作の発表か、未発表の水槽05の続報かわかりませんが、どうぞよしなにー。

posted by katoget at 23:02| Comment(0) | 水槽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。