2011年12月19日

水草絨毯の裏技

IMGP5689.jpg

加藤水槽で03となっている四角い水槽をリシアからキューバパールグラスに変更することにしました。

どちらも水草絨毯で有名な種類ですのであんまり水槽の雰囲気は変わらないと思いますが、キューバパールグラスが余っていたことと、リシアはボッカンと浮かんでしまって長期維持に向かないということで変更に至ったわけです。そこで今回は私が行っている、できるだけ確実に綺麗な水草絨毯を作る方法を紹介します。別に特別なことをするわけではないので詳しい方は既にご存知の方法だと思いますが、これから水槽を立ち上げたりする方にはなんかの役に立つかも。

で、その方法とは、水上葉で絨毯を作ってしまうことです。水草絨毯を目指す過程で一番多い失敗はコケまみれになってしまうことじゃないでしょうか。あれは大抵の場合、水草が根を伸ばす前にコケが養分を吸収してしまい、大繁殖してしまうことが原因だと思います。そこで、水に沈めて水中で育てるのでなく、水草に勢いがつくまで水上葉で育ててしまおうというわけです。水草のほとんどは水上での栽培の方が成長が速く、しかも水上なのでコケがつきません。コケの危険がないので、場合によっては直射日光で育てることもでき、それはそれは素晴らしい成長を見せます。このやり方でオススメの水草はグロッソスティグマ、ショートヘアーグラス、コブラグラス、ウォーターローン、キューバパールグラスとかです。だいたいの水草はソイルで十分ですが、キューバパールグラスは個人的に田砂で失敗したことないのでオススメです。

この方法でのポイントは、できるだけ密閉し高湿度を保ち、水槽内の気温が20〜30度程度になるようにすることです。密閉してしまうので、できればCO2も添加するほうが良いでしょう。マメに霧吹きをするのもおすすめです。密閉された水槽は直射日光だと下手すると50度とかいっちゃうので、直射日光栽培は寒い季節の方が良いでしょう。が、寒い季節は夜とかで水草が凍るのでどうやって加温するかがポイントになります。1つの方法として、30cm以下の水槽なら、大きい水槽やコンテナ等に水とヒーターを入れ、その中に湯煎のようなイメージで水槽を浸けるのがあります。1〜2ヶ月水上葉として育てたあと、水槽に水をいっぱい入れればパッと見は水草絨毯の出来上がりですし、根がしっかり張っているので水中にもスムーズに順応します。結果的には結構大掛かりなやり方ですが、意地でも失敗したくない!っていう時にはオススメのやり方です。

で、うちの場合ですと、実は底の部分が外れますんで割りと簡単にそういうことができます。水槽の大きさとだいたい同じ大きさの植木鉢って感じです。上の写真のがそれです。写真では水位が低めですが、実際は水草ひたひた、もしくはちょい低め位にしています。普段はラップをして乾燥を防ぎ、発酵式CO2発生方法で適当にCO2を供給してます。20cm×20cmくらいなんですが、キューバパールを植えるのに2時間はかかりました(通称田植え)。後は1〜2ヶ月、水位を見ながら待つだけです。上手くいくといいなー。

posted by katoget at 03:44| Comment(0) | 制作関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。