2011年12月16日

初期の水槽の構造

P1010135.jpg

加藤水槽のサイトを本格的に始動し、加藤水槽ブログも始めてそろそろ1ヶ月。アクアライフに掲載されたこともあり、アクセス数もとっても増えました。そんで、アクセス解析や、様々な反応から色々と考えさせられることもありまして、ともかく俺の水槽は説明が足りないなーと思うようになりました。

説明するには色々と必要でなかなか用意できないのと、そもそも横着者なのもあり、とても遅くなってしまっています。申し訳ないです。いずれはできるだけ丁寧に構造を説明していきますのでしばしお待ちを。

で、今回はその予行練習としまして、大学時代に作った初期の「加藤水槽」の説明をしたいと思います。topにきている写真がそうですが、当時は水槽の後ろに機材が見えたり、水槽内にも機材の見える未熟なものであります。が、現在の水槽にも引き継がれる部分もあり、結構面白いところもあるのではないでしょうか。以下の絵は大学時代、とある授業で水槽の説明をしたときのものです。

名称未設定-2.jpg

水槽全体はこのような構造になっています。外部フィルターが水をくみ上げ、サブタンクに送り、サブタンクからオーバーフローした水が水槽に戻ります。サブタンクにヒーターや濾過槽を設置することができます。

名称未設定-1.jpg

この部品がストレーナーです。給水と排水が1本の配管で行えるようにしました。結構いいアイデアですよね。

名称未設定-3.jpg

これがサブタンクです。上から水を入れ、横から自然排出されます。この水槽の問題は、密閉されていなかったので給水量が多いと排水が間に合わず、サブタンクから溢れます。使用していたときはタップで水流を搾り、変圧器でモーターの負荷も減らしてました。今ではオススメできない方法です。

こんな感じで初期はやっていました。今の水槽の方がちょっと説明難しいですが、こんな感じでがんばります!
posted by katoget at 00:53| Comment(0) | 水槽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。