2022年11月06日

おばけ水槽の日常と、AQUA-U用のCO2直添加の方法

01.png

今回はおばけ水槽の日常をちょっと解説しますね。

この水槽の肝であるPDLCフィルムに関しては前回説明していますがこんな感じのものです。自作する人はホントに扱いに気を付けてくださいね。


DSCF2205[1].jpg

この水槽はご存じAQUA-Uがベースになっていて、普段はこんな感じで廊下の隅で管理しています。ちなみにLEDはセット品のリーフグローじゃなくて、リーフグローEXに変えています。明るいよ。

DSCF2280[1].jpg

撮影後2週間で水草がますます伸びました。水面に着いちゃってるのはロタラH`raってやつです。あまり赤くならなかったですね。真ん中に隠れているのはこの水槽の主役のゴールデンハニードワーフグラミーさん。

DSCF2306[1].jpg

実は10匹以上いるグリーンネオンも綺麗です。ちょっと臆病です。奥のほうにオトシンネグロもピンボケで映っています。アクセント用の水草スターレンジも右側に映ってますね。

DSCF2223[1].jpg

今回は色のアクセントにルドウィジア インクリナータ キューバ 斑入り(呼称長い!)が入っています。緑の水上葉から水中で白い葉っぱ変化して、先端がピンクに色づいていくんですが、この白い葉が好きなんです。ゆーっくり成長しています。

DSCF2226[1].jpg

ちなみに前景というか全景に下草としてニューラージパールグラスを植えています。厚さ4cmくらいあるので、そろそろトリミングしないとやばい。

ということで今回の水槽は水草を育てるためにちゃんとCO2を添加して管理しています。

DSCF2207[1].jpg

このベースになっている水槽AQUA-Uは濾過槽にCO2添加できるんですが、できるだけシンプルなシステムにしたかったので、ちょっと工夫しました。

IMG_7898.JPG

このAQUA-Uのポンプのこの穴に、

エアチューブジョイント1.7 v42.png

3Dプリンターで作ったチューブジョイントを取り付けます。

DSCF2213[1].jpg

そして先ほどのチューブジョイントにCO2のチューブを繋ぎます。こうすることで、レギュレーターから送られてきたCO2をポンプが直接吸い込みます。ポンプに吸い込まれたCO2はインペラで細かく砕かれて水槽に添加されるというわけです。

またこの方法だと、音で添加量を確認できるので、CO2カウンターが無くても添加量の確認ができます。


趣味で作ってるんで細かい検証していないんでわかんないですが、この方法だとポンプが動いている限り常にチューブ内が減圧されると思うので、CO2チューブに水が逆流しにくいんじゃないかな、と思っています。が、一番のメリットはCO2カウンターがいらないこと、CO2拡散筒がいらないことでしょうね。目詰まりもしないです。

AQUA-U用のチューブジョイントは3Dデータをここに置いておきますので、興味ある人はダウンロードして作ってみてください。ABSかPETGで作って、アセトンやジクロロメタンにどぶ漬けする防水処理したほうが強度も上がるしいいと思います。3Dプリンター無い人は無料で作って着払いで送りますよ。お金とるといろいろなところに怒られそうなので、タダです。遠慮なく言ってくださいね。

AQUA-U用チューブジョイントの3Dデータはコチラ




posted by katoget at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189912784
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック