2021年06月06日

エアリフト式加藤水槽type2!これもデータ無料配布中!

AQUA01_2021-Jun-06_10-24-41AM-000_CustomizedView5607844263.jpg


エアリフト式の加藤水槽方式の水槽ですが、前回配布したものはサンプの背が高く、また結構エアーの流量が必要だったので、別バージョンを作成しました。こちらも永遠に無料で配布します!
(個人で楽しんでくださいね。作って売ったりしないでね。)

ef16c576-97ba-4bcc-8fe4-107b8b637270.jpg

配管&ろ過槽のデータ

e43a1b06-edaa-4966-ab46-53858510676c01.jpg

@吐出口のデータ
A底面ストレーナーのデータ
Bろ過槽用フタのデータ

部品の使い方とか、動作しているところは動画を見てくださいね。



構造を簡単に説明します。

0012.JPG

これが水槽の配管&ろ過槽部分です。

0013.jpg

この赤いところがエアーの通るところです。前回の加藤水槽type1は、エアーをサンプ内に出すことで、水槽内をスッキリさせましたが、今回のは水槽内の吐出口からエアーが出るので稼働してるかの確認もしやすく、サンプの背も低くすることができました。あとエアーストーンもいらないし、付属部品も少なくできてます。
ぜひ前回のと比較してみてくださいね。

もちろん前回同様10Wヒーターが使えます。水槽は相変わらずグラステリアFit100CUBEをくっつけて使ってくださいね。前回のと今回のでは特徴がちがうので、お好みに合わせて作れる方は作っちゃってください!

水槽のくっつけ方、防水処理、そのほか難しいことはコチラコチラの記事でご確認ください!




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしていただけると多少モチベーションが上がって、更新頻度が上がります。よろしくお願いします!


posted by katoget at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dプリンター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188737073
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック