2018年12月29日

【失敗】サボテンの水中化とワサビウム【無残】

IMGP3854.jpg

2018年もいよいよ終わろうとしています。
今年は夢だった加藤水槽の特許を使った『AQUA-U』が発売され、しかもグッドデザイン賞を受賞しました。まさに夢がかなった1年です。と、めでたいニュースだけで終わりにしたいところですが、実はこっそり失敗したこともあったりします。今回は今年の締めに、そんな失敗談の特集です!

【その1:サボテンは水中で育ちませんでした】
IMGP3396.jpg

サボテンが水中でも枯れない!?という伝説を検証し、あわよくばサボテンの林を泳ぐ熱帯魚という夢のレイアウトを実現させようとして始めたプロジェクト、それがサボテンの水中化プロジェクトです。

IMGP3422.jpg

IMGP3438.jpg

6月からAQUA-Uを使ってサボテンの水耕栽培を始めました。最初は水耕栽培、そして徐々に水没させていこうという作戦でした。レイアウトも良い感じでしょ。そして十分に根付いた11月頃に水没化をこっそりスタートしました。

その結果!

IMG_2761.jpg

IMG_2763.jpg

一番大きいのを残し、他の全てのサボテンは2週間でフニャフニャになってドロドロになりました。残った写真のサボテンは、いったん水を抜いて1ヶ月ほど様子を見た後、先週から再び写真のように水没させています。いつまでもつかな…。まぁ、はっきり言って失敗です。今回の結果だけでいうと、サボテンは水没化しません!ちなみに水耕栽培で状態が良かったユーフォルビアでも水没化させようと、同時に実験していました。

IMGP339601.jpg

IMGP3410.jpg

両手が生えててとってもかわいいでしょ。これが上手く水中化したら、超ステキだと思っていたんですが…

IMG_2766.jpg

こっちも十分水耕栽培して根が出た常態で水没。そして同じように2週間で全て溶けました。ああ、もったいない…

ということで、サボテンの水中化は失敗でした。あきらめます!

でも、実際水没させてもなぜか大丈夫なサボテンが我が家にあるのも事実だったりします。

IMGP2992.jpg

水が無くなったら水没させるまで水を入れる、と雑に管理しているこのサボテン。これは未だに枯れてません。品種のが問題なのか?育て方か?よく分かりませんが、来年もサボテンの水中化の研究は続けていこうと思っています。目標は2ヶ月水没!

【その2:ワサビは病気で全滅しました】
IMGP3205.jpg

AQUA-Uを使ったワサビ栽培、水槽改造したり、クーラー使ったり、ワサビ農家さんへ育て方を勉強しにいったりしたワサビウムプロジェクトですが、

IMG_2765.jpg

これが今の状況です!何もない!悲しい!

結論から言いますと、夏をなんとか越えた頃から、病気がいっきに蔓延しました。カビのような、粉のようなものが葉の裏にびーっしりと付いて、葉がどんどん黒くなって(写真が無くてごめんなさい)…はっきりいってグロかったです。もうこれ、リセットした方が早いな、と判断して、病原菌と一緒に中身を全て処分しました。ちくしょう!夏の電気代、すごい高かったのに!

水草の栽培だと病気らしい病気ってそういえばほとんどないんですよね。それに比べると農作物はやっぱ難しいのかなーと感じました。もちろんワサビウムはリベンジします!来年、より保温性が高い方法を考えて、リトライです。いつか自分のワサビでお刺身を食べるその日まで。

【その3:スマホが水没しました】
iPhoneが水没しました。その結果、電源が入んなくなっちゃったんですけど、何が問題かって、写真が全部消えてしまいました。サボテンの朽ち果てていく写真も、病気になったグロすぎるワサビの写真も沢山あったんですが、残念お見せできません。来年は水没させないように気をつけます。

そんなこんなで、すごい良いことも、それなりに悪いこともあった年でしたが、印象深い1年でした。来年もどうぞ加藤水槽をよろしくお願いいたします。良いお年を!





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしていただけると多少モチベーションが上がって、更新頻度が上がります。よろしくお願いします!



posted by katoget at 13:04| Comment(2) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
サボテン水中化の記事更新非常に楽しみにしておりました。

記事内でも指摘されているように、サボテンの種類で結果は変わるのではないかと思われます。
サボテンにも地域によっては、地中の水を好むもの、乾燥を好むもの(一般的なサボテンはこれが多いかと)、空気中の湿気を好むもの(俗に言う森林性サボテン)などと特徴の違うものが数多にありますから、水中化が成功する種類にはまだ期待できそうですね。
属で言いますと、水を好むエキノプシス属、湿度を好むリプサリス属などは比較的やりやすいのではないかと。
エキノプシス属の短毛丸は水栽培をすると水中に子株をつけることもあるようです。
もちろん私もまだ試していないので参考程度にしかなりませんが…(すみません)。

駄文ではありますが少しでもお力になれたら嬉しいです。
Posted by TOM at 2018年12月31日 14:20
TOMさん
貴重な情報本当にありがとうございます!参考にしてサボテン水中化計画、リベンジします!
実はうちの生き残ったサボテンはまた2週間の水没化を難なくクリアしておりまして、今度ひとまず熱帯魚も一緒に入れてみようかなとも考えています。サボテンの状態や成長具合も少なからず影響があるのではとも考えています。いろいろやってみます!
Posted by katoget at 2019年01月30日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185266603
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック