2018年05月31日

サボテンレイアウト水槽を立ち上げよう【意気込み編】

sabotenn.jpg

サボテン水没水槽、立ち上げようと思っています!

そもそもは3年ほど前、サボテンの水耕栽培ってかっこいいなー!やってみよ!というところからスタートしました。

IMGP6987.jpg

そしたらホームセンターにサボテン売ってなくて、写真のように多肉植物でやることにしました。

IMGP6998.jpg

こんな感じでセット完了!おしゃれ!

セットした植物の1つ、エケベリア・ピーチプリデが2年7ヶ月でどうなったか見てみましょう。

IMGP70442.jpg

セットして3週間。

20160402.jpg

セットして6ヶ月。

IMGP917703.jpg

セットして1年と4ヶ月。

IMGP2933.jpg

セットして2年と7ヶ月。

こんな感じで、今日まで水耕栽培で生きています。普段のお手入れはホント水を足すだけ。正直土に植えた状態とは大分違う徒長しまくった姿で、多肉植物好きの方には怒られそうです。が、個人的にはこれはこれで美しいのではと思ってたりします。

他のも見てみましょう。

IMGP70443.jpg

セットしたときはこんなだったグラプトペタルム・朧月は、

IMGP2900.jpg

2年7ヶ月でこうなりました。

IMGP70441.jpg

セットしたときはこんなだったエケベリア・ハムシーは、

IMGP2924.jpg

2年7ヶ月でこうなりました。

どれも個性的な姿で好きなんですが、これだけ見てるとやっぱり多肉植物は水耕栽培だと徒長しまくっちゃう運命なのかな?と、思っちゃいそうですが、どうもそうでもないようです。

IMGP2978.jpg

たとえばこのハオルチアとユーフォルビアも2年7ヶ月水耕栽培してますが、さっきの多肉と比べると、大分普通のシルエットのように見えます。

IMGP2981.jpg

これらサボテンの水耕栽培も2年以上経ちますが、徒長っていう感じはありません。というかこれらは成長してるって感じもありません。

これらの実験結果を踏まえると、加藤水槽的には多肉類の水耕栽培は以下のような仮説を立てることができます。
・多肉植物もサボテンも水耕栽培は可能
・どちらかと言うと肉質が柔らかいエケベリアやセダムのような多肉は、水を吸い上げやすく、急激に伸びて徒長しちゃう
・硬い肉質で成長がゆっくりなサボテンや多肉植物は、徒長しにくい
・たまに腐る
・腐ったときは水から出して、乾かしたり患部を削り落とせば、また根が出てくる
・水を忘れてカラカラになっても大丈夫。だけど、それまでの根はダメになる


ということで、前置きが長くなりましたが、これらを踏まえたうえで、サボテンの水没化を行おうと思っています!

IMG_5457.jpg

これは以前、大阪エコ海洋専門学校にお伺いした際に、川中先生が管理していた水中サボテンです。このときの記事はこれ。いやー度肝を抜かれましたね。水耕栽培通り越して、完全に水没させてるんだもの。川中先生が水中サボテンに関して園芸誌に寄稿された文章も拝読しましたが、とーっても興味深かったです。ただ、川中先生の水中サボテンも長期間は持たなかったらしく、水中化はかなり難しいようでした。

ですので、私は割り切って以下のプロセスとルールでやってみようと思います。
・完全な水中化は諦める
・最初は水耕栽培してしっかり水中根を出させる
・準備ができたら水没させる
・2ヶ月くらい水没させたら、今度は水を抜く
・たまにはカラッカラに乾かしたりもしてみる
・また水没させる

このやり方ならなんか長期間上手くいくように思うんですよね。というか、実際実験ではそれなりに上手くいってたりします。

IMGP2992.jpg


IMGP3001.jpg

これは川中先生の水中サボテン見て感化されてセットしたサボテンです。まさに、水耕栽培→水没→カラカラに乾く(水足すの忘れてた)→水没→カラカラに乾く(水足すの忘れてた)、の流れを繰り返して、今日まで2年生きてくれています。生きてくれてますが、やっぱりサボテンの水耕栽培と同じで、全然大きくなった感じはないですね。

こんな感じで実験は十分なので、良さそうなサボテンが入手でき次第、サボテン水槽立ち上げます。サボテンと熱帯魚とエビが舞うレイアウト水槽作る予定なので、お楽しみに!




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしていただけると多少モチベーションが上がって、更新頻度が上がります。よろしくお願いします!



posted by katoget at 22:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 淡水の話題
この記事へのコメント
この記事の影響で多肉植物の水耕栽培始めました。
これからどうなるか楽しみです。
Posted by m at 2018年07月09日 18:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183385150
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック