2015年10月12日

温室の作り方。プラダン編。

IMGP6979.jpg

これはネサエア。おなじみ赤系の有茎水草ですが水上で自由気ままに育ててます。水上だからか茎が太い。いい感じでしょ。根元はつねに浸水させてます。

IMGP6980.jpg

これはヤマサキカズラ。アマゾンフロックピットとの寄席植えにしてみたよ。だから根の部分は常に水の中。

IMGP6977.jpg

これはなんかヤシの一種。マングローブとかのとこに生えるそうなので、やっぱり常に半分水の中。赤系の有茎とサルビニアと寄席植えにしています。

こういうアクアテラリウム的な寄席植え、楽しいですね。水草らしさも味わえるし、浮き草も一緒に楽しめる。

IMGP6774.jpg

普段はこんな感じに窓際に置くだけ。水を足すだけだから普通の鉢植えより簡単。いいねー。

しかしなー、これから冬。水草類はほとんどが熱帯植物。このままでは冬に枯れるなー。水草以外にも植物増えてきたし、あー温室が欲しい。よし、作ろう。

IMG_0082.jpg

材料はプラダン。何気にポリカーボネート製。安いし強い。しかも構造的に空気の層を作るので保温性が高い。これは使える。

IMG_0083.jpg

そのままホームセンターで切らせてもらう。便利!

IMG_0085.jpg

プラダン同士を結束バンドで固定するぞ。

IMG_0086.jpg

折り曲げてるところは、プラダンの片面だけカットしてます。扱いやすいぞプラダン!

IMG_0087.jpg

上を乗っけて固定すれば大体外側完成。

IMG_0088.jpg

薄いビニールのテーブルクロスを折り曲げて2重にし、ハトメで止めたものを用意しましょう。

IMG_0090.jpg

鉄のパイプとか何でもいいのでプラダンに固定します。

IMG_0091.jpg

そこにビニールシートをぶら下げます。ビニールの内側にも鉄の棒とか入れるとピーンとするので、それで完成です。

IMGP6966.jpg

設置します!めちゃ軽い!

IMGP6982.jpg

こんな感じで植物入ってます。一応下のほうのビニールはマジックテープで軽くケース側にくっ付くように固定。

IMGP6972.jpg

ピラッとめくると植物がこんにちは。

IMGP6973.jpg

少なくとも急激な温度変化からは守れるかなー。もっと寒くなったらシートヒーターや、ヒーターを設置した水槽を中に入れるとかして保温をしよう。

簡単なのですごくお勧め。温室ない人は是非作ってみてくださいね〜。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑今回は久しぶりに水草にも触れました!クリックよろしくお願いします!

posted by katoget at 13:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 制作関連
この記事へのコメント
こんにちは。
プラダン、扱いやすくて良いですね。
ぜひ参考にさせていただきます。
冬場は水槽も前面以外は
黒のプラダンで覆っていますが
保温面で有効でした!
Posted by みゆきち at 2015年10月13日 11:32
みゆきちさん
こんにちは〜。プラダンはやはり保温面で有効ですか!さすが空気の層。
今回作ってみて思ったことは、プラダンって思ったより綺麗だなーってことです。可能性が広がります。
Posted by katoget at 2015年10月13日 22:04
綺麗な温室ですね。うちはサボテン多肉の越冬で毎年悩むのですが、室内は日当たりが悪くて、結局いつも発泡スチロールに入れて屋外越冬です。強き者のみ生き残るみたいな。
初めてコメントしましたが、ブログ楽しく見させてもらってます。加藤水槽さんちにいつか見学しに行きたいです(^^)
Posted by magnolia at 2015年10月17日 00:24
magnoliaさん
ありがとうございますー。今まで冬越す植物しかやってこなかったので、色々勉強中です。発泡スチール楽そうでいいですね。
見学はいつでも大歓迎ですよー。
Posted by katoget at 2015年10月20日 13:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165537212
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック