2014年12月21日

加藤水槽の作り方と、すごい奇妙な水槽

IMGP5782.jpg

販売中の能年ちゃんが表紙で話題のアクアライフ1月号、以前記事に書いたシェムリアップ淡水魚研究所の佐藤さんの執筆した記事も載っているお勧めの号です。私は器具の見えない不思議な水槽の作り方を書いています。器具が見えない水槽?

IMGP7950.jpg

こんなのや

29.jpg

こんなの。いわゆる加藤水槽の加藤水槽の作り方です。紛れもなく私が発明して私が特許を取得した水槽の作り方です。今のところ私の水槽は販売する予定はないので、現時点で手に入れる方法は自作する以外ないですよ。でもなんか読者の声が聞こえてくる気がする…「こんな難しいの作れるかよ!」

仰ることはごもっとも。今回のはちょっと難しいです。でも図面も載せてるし、来月号と2回に分けて丁寧に書いてるので、気合があればホントに作れちゃいますよ!ちなみに材料のアクリルは専門店に加工もお願いしましょう。餅は餅屋です。はざいやとかなら、アクアライフの図面をスキャンして送れば、全部こしらえてくれますよ。アクリルの種類は「押し出し」にすれば、費用は合計7000円くらいです。安くはないですが自作以外では手に入らない水槽なので勘弁してください。

ところで、今さらながらこの水槽に水が入りまして、撮影が終わったのでアップします。

IMGP5936.jpg

この左右の水槽とサンプの対比が見たかったのです。

IMGP59813.jpg

水槽の光はサンゴなどの蛍光色が映える青色LED。これに蛍光体フィルターを被せると、

IMGP59812.jpg

淡水にも合う白色や

IMGP59811.jpg

浅場のようなさわやかな青も出すことができます。

IMGP6052.jpg

水槽は上から覗けるので、サンゴなどの蛍光色や、金魚のような上見からも楽しむ生体もストレスなく観察できます。

IMGP6016.jpg

水位はサンプに設置されている給水用のオーバーフロー管と排水用のオーバーフロー管が一緒になった四重管によって管理されてますが、自分でも何言ってるかよく分かりません。 なので以下の参考資料をどうぞ。

説明1.jpg

まず水槽とサンプはこんな感じで繋がっています。これなら停電などで電源が落ちても水が落ちることもないし、稼動させたままサンプの器具やフィルターもいじれるってわけです。サンプと水槽間のホースは給水、排水の2本必要なんですが、二重ホースにすることで外観的には1本に見えるようにしています。

説明2.jpg

そんで四重管は、給水のオーバーフロー管と排水のオーバーフロー管を重ねてるってわけです。少しでも外観がシンプルになりますからね。

きっと、ギャラリーみたいな無機質な空間にこんな水槽あれば映えると思うんですが、うちには洋間もないので、

IMGP5842.jpg

和室に置いてます。うーん異質。

IMGP5861.jpg

奇妙な水槽がある和室。

IMGP5886.jpg

奇妙な水槽がある和室の夜。

IMGP6041.jpg

和室に不釣合いな無機質な水槽だけど、これはこれで気に入っています。製作に無駄に時間がかかりましたが、なかなか思い入れの強い水槽です。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしてくれると順位が上がってうれしいです!


posted by katoget at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 水槽
この記事へのコメント
すみません、
こんなの作れません!の
双子です(笑)

究極のインテリアというか
お洒落な会社とかにありそう!

販売したら加藤社長、
がっぽがっぽですね〜♪
Posted by 双子 at 2014年12月21日 13:42
双子さん
作ってくださいよー。簡単ですよ。
加藤社長にいつかなれるといいな〜。
Posted by katoget at 2015年01月08日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/107475271
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック