2016年02月28日

アンティークランプで植物育成!

IMGP7190.jpg

さてさて、最近集めまくっているランプ類、がっつり防水してペルチェとかで温度調整できる究極水槽作りたいなーと思っていますが、そうとう製作に時間がかかりそう。なので、創作欲求をとりあえず満たすために、まずはランプを使った観葉植物ケースを作ることにしました。

CaSRjYNVIAAele9.jpg

まずこのタイプ。LEDを上につけて、下のオイルを溜めるところを植木鉢風にしましょう。

IMG_3777[1].JPG

早速分解。ガラスを外し、オイルのとこのヒモみたいなの抜きましょう。ビロビロー。

IMG_3773[1].JPG

続いて解体開始。金切りバサミやハンドルーターとかでオイルタンク部分の上をかっぽり空けましょう。

IMG_3780[1].JPG

かっぽり開きました。

IMG_3786[1].JPG

続いてLEDをセットするための準備です。ヒートシンク代わりのアルミ棒の上にネジ穴を切ります。

IMG_3787[1].JPG

ランプの上部に穴をあけて、ヒートシンクに切ったネジ穴にネジを挿して固定します。LEDをヒートシンクに貼れば完成ですが、本体のオンボロさに比べて、ネジがピカピカで嫌だな。

IMG_3788[1].JPG

そんなときはアクリル絵の具を使って…

IMG_3789[1].JPG

エイジング!すっかり古びたネジの風合い。こういうのは得意です。

IMG_3790[1].JPG

最後に植木鉢と化したオイルタンク部分に用土を入れて、植物を植えれば…

IMGP7166.jpg

完成!これは小型の蘭。オークロも一緒に植わってます。

IMGP7168.jpg

ちょっと違うタイプのランプでネオレゲリアとかの寄せ植え。ウォーターマッシュルームも植わってます。

さて、もっと違うタイプもご紹介。

CaSRjYNUYAAJcFi.jpg

船舶ランプです。密閉性が高い。

IMG_2734[1].JPG

まず底に付いていた古い配線は取っちゃいましょ。

IMG_2741[1].JPG

次はランプのフタの部分にLEDのヒートシンクをつけます。ふたの曲線に合わせて磨き済み。

IMG_2756[1].JPG

接着性の放熱シリコンでフタにしっかり接着。続いてヒートシンクにLEDを接着。

IMG_2744[1].JPG

ピカー!

IMGP7179.jpg

こちらも完成。シンプルにコケとシノブのみ。

植物ランプは吊るしても美しい。作るの大変ですが、興味があればぜひぜひチャレンジしてみてください。

IMGP7137.jpg

IMGP7143.jpg

IMGP7146.jpg

IMGP7198.jpg



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックよろしくお願いします!


posted by katoget at 17:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 制作関連