2012年07月24日

超々集光のメタハラを求めて【前編】

超々集光メタハラが欲しい!!って思ったことありませんか?

水面から離しても、直径20cmくらいにのみ光を当てたい!って人は、あんまりいないですよねー。普通は大き目の水槽に水面付近から当てますから、そこまでスポットにしないですよね。小型水槽に150Wのメタハラは沸騰するんじゃないかとすら思いますもんね。私は訳あって小さい水槽にちょっと上の方から光を当てたい!ので、超々集光の舞台のピンスポットライトみたいな、照らしてる部分だけ明るい!みたいな事がやりたいんです。

超々集光としている訳はクラマタ産業のメタハラに超集光っていうのがあるからです。もちろん買いました。確かに集光なんですが俺が求めるのはもっと集光なんです!そこで色々研究しました。どうしたらメタハラの光をもっともっとピンスポットにできるのだろうか。

ピンスポットといえば舞台照明。舞台照明といえばレンズで集光。ということでレンズを購入して集光してみましたっ!

IMGP6613.jpg

で、熱で割れちゃった。っていうのが前の記事です。

さて、ここまでが前置きです。適当なガラスレンズは熱で割れてしまう…ではどういったレンズなら150Wの熱でも割れないか…むむむ…舞台照明並みの集光…ということで舞台照明を買っちゃいました。

IMGP6652.jpg

でかい!おもい!ごつい!700Wクラスの舞台照明、流石の貫禄です。右のペンギンは比較用のiPhoneです。さてこの舞台照明から、レンズのみ取り出します。700Wに耐えられるなら150Wのメタハラも余裕か?

IMGP6657.jpg

すげーでかい!こんなレンズが2個も入っていました。流石だなぁ。以前買って割っちゃったタイプのレンズと比べてみました。

IMGP6655.jpg

言うまでも無く左が舞台照明のレンズです。でかい!直径15cm。右のレンズがただのガラス板に見える。

ということで今回はここまで。次回、このレンズで集光が増すかテストしてみます。お楽しみに!


※プレゼントのお知らせ
今回舞台照明と比べるために並んだペンギンの待ち受けをプレゼント!無料アプリで描いたから下に何か書いてありますが気にしないでね。ダウンロードしてスマホの待ち受けにどうぞ!

写真.PNG


posted by katoget at 22:30| Comment(0) | 制作関連

2012年07月16日

カトウカズヤさんが遊びに来た!

なかなか普段アクアリウムなトークができない加藤水槽の加藤です。身近な友人達は揃いも揃ってアクアリウムに関心がない!んー残念。

そんな加藤の元に、なんと、加藤さんが遊びにいらしてくれました!

IMGP66512.jpg

右がGENSO AQUARIUMのカトウカズヤさん。左がおれです。

GENSO AQUARIUMのカトウカズヤさんといえばアクアプランツの記事を読んだ人も多いんじゃないでしょうか。かっちょいい事務所にかっちょいい水槽がバンバンと置いてある記事です。以前、写真家の池田晶紀さんの展覧会でCAJ(クリエイターズアクアスケイプジャパン)の皆さんと始めてお会いしまして、その時カトウカズヤさんともお会いしたんです。すでに加藤水槽のこと知っていてくれて嬉しかったですねー。ちなみにカトウカズヤさん、現在行われている世界水草レイアウトコンテストの200位以内に入っています。投票形式なのでぜひ皆さん投票に参加してみてください!

先週末、カトウカズヤさんが来てくれることになり、大急ぎで大掃除!水槽もメンテナンス中のが多く、ちょっと申し訳ない感じでしたが、遠路はるばる辺境の加藤水槽第一本社ビルに遊びに来てくれました。

IMGP6662.jpg

本邦初公開!加藤水槽第一本社ビル!

お土産の激うまスイーツを食べながら激熱アクアリウムトークでした。アクアリウム業界について、加藤水槽のアプローチについて、製作物について… 特に加藤水槽に関して客観的な意見をたくさんいただけて嬉しかったです。今後の加藤水槽のアプローチ案なんかで出たのは、

○よりフランクに親しめるサイトに
○作ったものは記録のためにもつまらない物も撮影しよう
○水槽のオーダーメイド販売
○加藤水槽第一本社ビルをギャラリーとして一般公開する
○製作風景を生配信

などなど。中でもこの家自体が面白いから見せたほうがいい!ってことで「加藤水槽第一本社ビル公開」はユーモアな案がたくさん出ました。

IMGP3714.jpg

IMGP3078.jpg

ギャラリーにしちゃえば?月1で公開するとか?参加者ほぼゼロだったとしても、加藤水槽ツアーなんて企画自体が面白い!

短い時間でしたがとても面白くて勉強になる時間でした。カトウさん、是非またいらっしてくださいねー。今度はもっと水槽きれいにしときます!そして他にも加藤水槽に興味がある方いらっしゃいましたら、大歓迎!!是非お越し下さい。水槽見てってください。そんでアクアリウムを語りましょう!

posted by katoget at 21:26| Comment(0) | その他

2012年07月07日

アクアテラリウム用水槽照明できました!

IMGP6629.jpg

さて、次回作の水槽のLED照明完成です。

次回作は、水槽の中に水だけでなく陸地がある、いわゆるアクアテラリウムです。水槽本体はまったくできていないですが、照明が1番乗りに完成しました。色は光沢の白でシンプルなデザインを目指した結果、『ほぼ板』になりました。裏面も見てみましょう。

IMGP6636.jpg

裏は一面すりガラスです。すりの部分は基板側なので表面はつやつやですよ。すりガラスを選んだのは基板と配線部分を多少隠すためと、LEDの光を気持ち柔らかくするためです。が、正直基板と配線も見えるし光源にはまったく影響はしてません。それでも多少印象が柔らかいので気に入ってますが、カッティングシートとかを貼って仕上げてもいいかもしれませんね。

今回使用しているLEDは以前の記事で紹介したRGBの調光ができるLEDモジュールです。

IMGP6532.jpg

写真は製作途中のもので、かなり控えめに光らせている状態です。最大12W分の出力があるそうなのでフルパワーだとかなり明るく感じます。まだ塗装してない状態なので、天面がアルミなのがわかるでしょうか?天面(アルミ)0.5mm+基板3mm+すりガラス2mmで合計5.5mmほどの厚さになっています。完全にフラットです。こういうのもいいでしょ?

IMGP6545.jpg

これはデフォルトの白色で撮影したものです。色温度の高めの白ですね。調色次第で温かみのある白にもできますので、色は十分満足できますね。いやー、既製品万歳です。

今回は完成したLEDモジュールを使ったこともあり照明が先にできました。次は水槽か…と思いきや、次はクーラー部分、ペルチェ冷却部を作ってしまう予定です。今回は周辺機器を先に作ってしまいます。

IMGP6644.jpg

これは到着したばかりの銅の塊。薄く見えますが厚さ5mm、ずっしりしています。これがペルチェとヒートシンクの間に入るバッファになります。あーはやく完成させてしまいたい!今度の水槽は面白いですよー!


posted by katoget at 19:43| Comment(7) | 制作関連