2021年09月28日

AQUA-U WIDE発売!

blog02.jpg

お待たせいたしました。本日AQUA-U WIDEが発売されました!

公式ホームページはコチラ。写真はそちらから拝借しています。

blog01.jpg

ブラックもあります!

相変わらず水槽内に水槽内に器具1つ、コード1つ入れないレイアウト、作れます!世界中の水槽でそんなことができるのはAQUA-Uだけです。しかも今回、水槽の大きさが2倍になりました。もっとできること、増えちゃいました!

210324_GEX52417.jpg

トップシリコンで隙間が無いから、隙間からカニとか脱走しちゃう生体にもバッチリ!写真はトラフカラッパ。

210324_GEX52343001.jpg

アミメウナギも脱走の名人だけど、AQUA-U WIDEなら脱走の心配もなし。ニョロニョロとても魅力的な生体を安心して飼育できます。

素敵なところは他にもあります。ぜひ、この動画を見てみてください。

どうでしょう?パカパカできるフタ、気になりませんか?

87b0c747916fa18d5a1936fae9987e93.png

シリコンを使ってヒンジ状に加工する技術を新たに開発。開閉するのにシルエットは完全な1枚のフタです。トップシリコンとの相性抜群で、レイアウトを一切邪魔しません。

4e3dac0cb842f1d741f414a0e2c3f0cc.png

それにこの吐出口、上下自由に高さを変えられるので、とっても便利。もちろん邪魔なら使わなくってもOKです。

加藤水槽はピッタリフタができるこの水槽で、ホタルを飼育して光るホタリウムが作れないかなー、と画策中です!楽しみです!




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしていただけると多少モチベーションが上がって、更新頻度が上がります。よろしくお願いします!


posted by katoget at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2021年09月12日

『テンセグリティ』と『テスラバルブ』のアクアリウムな使い方

テンセグリティ01.jpg

テンセグリティ水槽台を作りました!

テンセグリティに関しては動画とかもたくさん上がっていますでググってみてくださいね。バックミンスターフラーのやつです。昨年ぐらいにSNSとかで流行りましたよね。それをアクアリウム風にアレンジしてみました。



DSCF0123.jpg

材料は、アクリル板とザイロンという強い糸です。テンセグリティは糸などを使うことから、構造上、荷重でたわんだりします。なので今回のはそのたわみを想定し、水を入れて、初めてバランスがとれるように調整しています。



IMG_2818.jpg

また、エアポンプ用テスラバルブを作りました!

テスラバルブに関しては動画とかもたくさん上がっていますでググってみてくださいね。ニコラテスラのやつです。ちょっと前に新しい発見があったとかでとかでニュースになりましたよね。それをアクアリウム風にアレンジしてみました。

IMG_2817.JPG

写真でいうと、左から入ったエアーはスムーズに右に抜けるけど、右から入ったエアーは負荷がかかり、流量が落ちる、というものです。逆流防止弁にぴったりと思ったので、光造形の3Dプリンターとガラスで作りました。

が、アクアリウムレベルではほぼ、差は感じられません!残念!でもとっても刺激になりました。


以上、新しいネタがあればアクアリウムですぐチャレンジしたくなる加藤水槽でした。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしていただけると多少モチベーションが上がって、更新頻度が上がります。よろしくお願いします!


posted by katoget at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作関連

2021年06月06日

エアリフト式加藤水槽type2!これもデータ無料配布中!

AQUA01_2021-Jun-06_10-24-41AM-000_CustomizedView5607844263.jpg


エアリフト式の加藤水槽方式の水槽ですが、前回配布したものはサンプの背が高く、また結構エアーの流量が必要だったので、別バージョンを作成しました。こちらも永遠に無料で配布します!
(個人で楽しんでくださいね。作って売ったりしないでね。)

ef16c576-97ba-4bcc-8fe4-107b8b637270.jpg

配管&ろ過槽のデータ

e43a1b06-edaa-4966-ab46-53858510676c01.jpg

@吐出口のデータ
A底面ストレーナーのデータ
Bろ過槽用フタのデータ

部品の使い方とか、動作しているところは動画を見てくださいね。



構造を簡単に説明します。

0012.JPG

これが水槽の配管&ろ過槽部分です。

0013.jpg

この赤いところがエアーの通るところです。前回の加藤水槽type1は、エアーをサンプ内に出すことで、水槽内をスッキリさせましたが、今回のは水槽内の吐出口からエアーが出るので稼働してるかの確認もしやすく、サンプの背も低くすることができました。あとエアーストーンもいらないし、付属部品も少なくできてます。
ぜひ前回のと比較してみてくださいね。

もちろん前回同様10Wヒーターが使えます。水槽は相変わらずグラステリアFit100CUBEをくっつけて使ってくださいね。前回のと今回のでは特徴がちがうので、お好みに合わせて作れる方は作っちゃってください!

水槽のくっつけ方、防水処理、そのほか難しいことはコチラコチラの記事でご確認ください!




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしていただけると多少モチベーションが上がって、更新頻度が上がります。よろしくお願いします!


posted by katoget at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dプリンター