2022年11月06日

おばけ水槽の日常と、AQUA-U用のCO2直添加の方法

01.png

今回はおばけ水槽の日常をちょっと解説しますね。

この水槽の肝であるPDLCフィルムに関しては前回説明していますがこんな感じのものです。自作する人はホントに扱いに気を付けてくださいね。


DSCF2205[1].jpg

この水槽はご存じAQUA-Uがベースになっていて、普段はこんな感じで廊下の隅で管理しています。ちなみにLEDはセット品のリーフグローじゃなくて、リーフグローEXに変えています。明るいよ。

DSCF2280[1].jpg

撮影後2週間で水草がますます伸びました。水面に着いちゃってるのはロタラH`raってやつです。あまり赤くならなかったですね。真ん中に隠れているのはこの水槽の主役のゴールデンハニードワーフグラミーさん。

DSCF2306[1].jpg

実は10匹以上いるグリーンネオンも綺麗です。ちょっと臆病です。奥のほうにオトシンネグロもピンボケで映っています。アクセント用の水草スターレンジも右側に映ってますね。

DSCF2223[1].jpg

今回は色のアクセントにルドウィジア インクリナータ キューバ 斑入り(呼称長い!)が入っています。緑の水上葉から水中で白い葉っぱ変化して、先端がピンクに色づいていくんですが、この白い葉が好きなんです。ゆーっくり成長しています。

DSCF2226[1].jpg

ちなみに前景というか全景に下草としてニューラージパールグラスを植えています。厚さ4cmくらいあるので、そろそろトリミングしないとやばい。

ということで今回の水槽は水草を育てるためにちゃんとCO2を添加して管理しています。

DSCF2207[1].jpg

このベースになっている水槽AQUA-Uは濾過槽にCO2添加できるんですが、できるだけシンプルなシステムにしたかったので、ちょっと工夫しました。

IMG_7898.JPG

このAQUA-Uのポンプのこの穴に、

エアチューブジョイント1.7 v42.png

3Dプリンターで作ったチューブジョイントを取り付けます。

DSCF2213[1].jpg

そして先ほどのチューブジョイントにCO2のチューブを繋ぎます。こうすることで、レギュレーターから送られてきたCO2をポンプが直接吸い込みます。ポンプに吸い込まれたCO2はインペラで細かく砕かれて水槽に添加されるというわけです。

またこの方法だと、音で添加量を確認できるので、CO2カウンターが無くても添加量の確認ができます。


趣味で作ってるんで細かい検証していないんでわかんないですが、この方法だとポンプが動いている限り常にチューブ内が減圧されると思うので、CO2チューブに水が逆流しにくいんじゃないかな、と思っています。が、一番のメリットはCO2カウンターがいらないこと、CO2拡散筒がいらないことでしょうね。目詰まりもしないです。

AQUA-U用のチューブジョイントは3Dデータをここに置いておきますので、興味ある人はダウンロードして作ってみてください。ABSかPETGで作って、アセトンやジクロロメタンにどぶ漬けする防水処理したほうが強度も上がるしいいと思います。3Dプリンター無い人は無料で作って着払いで送りますよ。お金とるといろいろなところに怒られそうなので、タダです。遠慮なく言ってくださいね。

AQUA-U用チューブジョイントの3Dデータはコチラ




posted by katoget at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作関連

2022年10月30日

白くなる、透明になる、「おばけ水槽」作りました

01.png

気が付いたらハロウィンシーズンでした。ご無沙汰しております。加藤水槽です。

DSCF2118.jpg

最近はやけに高いアガベ買ったり、

DSCF2097.jpg

綺麗な銅の産業廃棄物買ったりしてました。

そして今回はこんな水槽を作ったんで見てみてください!

02.jpg

不透明な水槽が、

01.jpg

パッと、透明になります。
ハロウィンにあやかって「おばけ水槽」と命名します。

動画はコチラ


AQUA-Uを分解して、ガラス部分にPDLCフィルムを貼って、再度組み立て直すという狂ったことをしています。PDLCフィルムは透明、不透明をパッパッと切り替えられる↓こんな感じのものです。

なんかいろいろなことができそうですよね。
ベタのフレアリングトレーニング用に作ってみたいなーとか思っています。

普通に感電するリスクがあるので、自作される方は気を付けてくださいね!
posted by katoget at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽

2021年12月31日

加藤式3Dプリントオーバーフロー水槽の作り方

DSCF080701.jpg

3Dプリンターで作る超小型オーバーフロー水槽、作り方編です!
なんとか2021年の内に。

3Dのデータはこちらからダウンロードしてください!今ならタダです!

【加藤式超小型オーバーフロー水槽作り方】

@出力する
IMG_2862.JPG

3Dプリンターで部品を出力します。写真では4分割していますが、配布しているデータは2分割なので、組み立てが少し楽になってます。
FDMの場合、この段階で防水処理してください。光造形の場合、そのままいけます。

A組み立てる
IMG_2872.JPG

分割された部品をくっつけます。光造形はレジンをそのまま接着剤として、接着箇所に流してUVで硬化させます。FDMの場合はジクロロメタンで接着するといいと思います。

B塗装する(お好みで)
IMG_2878.JPG

IMG_2880.JPG

IMG_2887.JPG

お好みでマスキングして塗装します。3Dプリンターといえど、やっぱり平面はそんなに出ていないので、必要に応じてパテ埋めしてやすって、パテ埋めしてやすって…を繰り返してください。

Cガラス水槽を貼り付ける
IMG_2888.JPG

IMG_2889.JPG

IMG_2892.JPG

ジェックスのグラステリアFit100CUBE水槽を貼り付けて完成です。まずガラス水槽の底のガラスを抜きます。抜き方は色々ありますが、0.1mmのステンレス板を10mm幅くらいに切ったものを接着面に差し込んでシリコンを切るといいです。マジで手が切れるので必ず手袋して作業してください!
3Dプリンターで出力した方は適当なプライマーを塗ってください。シリコンはプラスチック系とは基本的に相性良くないです。今回はセメダインのシリコーンシーラントプライマーD3を使用しました。シリコンは信越シリコンのKE45Tを使用しましたが、結構なんでも大丈夫です。

D完成
7223CB5B-CC00-498D-BA5C-F96B4DAB18DB.jpeg


以上です!
機能とかその辺は前回の記事かYouTubeを見てくださいね。
https://youtu.be/UVN9m4o2Ci8


では、良いお年を!
posted by katoget at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dプリンター