2019年02月27日

モスライトさん

IMG_3874.JPG

モスライトってご存知ですか?LED照明つきテラリウム作家の内野さんという方が作っている、コケと光の作品、それがモスライトです。インスタグラムフォロアー6万人以上、様々な展示会やメディアからお声がかかっている大注目のモスライトさんのところに遊びに行ってきました!

IMG_3829.JPG

まずはモスライトさんの作品が置いてあるという兵庫県、陽春園へ。

IMG_3830.JPG

あった!
陽春園の中のカフェに何個も展示してありました。インスタ等でいつも見ていたアレが、目の前に。欲しい。

IMG_3832.jpg

カフェには他にもテラリウムが設置されていて、照明のディレクションは全てモスライトさんがやられているそうです。明るさはもちろん、色味まで細かく調整でき、さすが照明のプロという感じでした。

そしていよいよモスライトさんのギャラリーに到着です。

IMG_3873.JPG

IMG_3864.JPG

IMG_3865.JPG

IMG_3866.JPG

IMG_3867.JPG

IMG_3869.JPG

圧巻!!モスライト尽くし!!中には数年以上維持されているコケもあり、即席ではない、ホンモノの生き物の美しさを感じました。作品が美しいのはもちろんですが、モスライトさんの光の演出に対するこだわりは本当に刺激になりました。加藤水槽もがんばります!

モスライトさんの作品は、今は販売していませんが、いずれ再販する予定があるそうですのです。とはいえ世界中にモスライトさんのファンがいるので、光の速さで売り切れになってしまう危険性があります。欲しい方はWEBを常にチェックしてくださいね!
モスライト販売サイト



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしていただけると多少モチベーションが上がって、更新頻度が上がります。よろしくお願いします!



posted by katoget at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2019年01月30日

次回作「コ」の字形水槽システム作中!

IMG_3611.JPG

これは6年か7年前の落書きです。かなり頭が悪そうですね。まだ美術の先生やってたときです。

IMG_3612.jpg

そのとき、こんなデザインの水槽システム作れないかなーと考えてました。

IMG_3605.jpg

これも同じくらい前の落書きかなーと思います。こちらもなかなか頭が悪そうですね。

IMG_3606.jpg

そこにもこのデザインの水槽を書いている。ずっとこんな水槽作れないかなーと考えていたわけです。

実は去年、いよいよその水槽の着手を始めました。

IMG_3616.jpg

水槽台になる「コ」の字型は曲げベニヤを使います。ぐにゃぐにゃ曲がります。

Ddnmr9nVAAE6O98.jpg

曲げベニアを重ねて、型に合わせて接着していきます。

DeIlzYMV4AE9FD7.jpg

角度が浅すぎても深すぎてもダメなので、コーナー部分は茹でたりして調整します。

DvFMbtpU0AA3Nnu.jpg

そのままだと流石に重さでしなりすぎてしまうので、鉄の板で補強します。

0014.jpg

鉄の板を隠すために、その箇所をくり抜いた板を用意します。

IMG_3617.jpg

その板を鉄の板の回りに貼ります。

DyBz_v0UcAAMx9S.jpg

こんな感じになりました。少しスマートになったかな。

今できているのはここまでです。今年中には完成できるかな。今回はアンティークっぽい、見たことないハイテク水槽にしたいと考えています。お楽しみに!





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしていただけると多少モチベーションが上がって、更新頻度が上がります。よろしくお願いします!



posted by katoget at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 制作関連

2018年12月29日

【失敗】サボテンの水中化とワサビウム【無残】

IMGP3854.jpg

2018年もいよいよ終わろうとしています。
今年は夢だった加藤水槽の特許を使った『AQUA-U』が発売され、しかもグッドデザイン賞を受賞しました。まさに夢がかなった1年です。と、めでたいニュースだけで終わりにしたいところですが、実はこっそり失敗したこともあったりします。今回は今年の締めに、そんな失敗談の特集です!

【その1:サボテンは水中で育ちませんでした】
IMGP3396.jpg

サボテンが水中でも枯れない!?という伝説を検証し、あわよくばサボテンの林を泳ぐ熱帯魚という夢のレイアウトを実現させようとして始めたプロジェクト、それがサボテンの水中化プロジェクトです。

IMGP3422.jpg

IMGP3438.jpg

6月からAQUA-Uを使ってサボテンの水耕栽培を始めました。最初は水耕栽培、そして徐々に水没させていこうという作戦でした。レイアウトも良い感じでしょ。そして十分に根付いた11月頃に水没化をこっそりスタートしました。

その結果!

IMG_2761.jpg

IMG_2763.jpg

一番大きいのを残し、他の全てのサボテンは2週間でフニャフニャになってドロドロになりました。残った写真のサボテンは、いったん水を抜いて1ヶ月ほど様子を見た後、先週から再び写真のように水没させています。いつまでもつかな…。まぁ、はっきり言って失敗です。今回の結果だけでいうと、サボテンは水没化しません!ちなみに水耕栽培で状態が良かったユーフォルビアでも水没化させようと、同時に実験していました。

IMGP339601.jpg

IMGP3410.jpg

両手が生えててとってもかわいいでしょ。これが上手く水中化したら、超ステキだと思っていたんですが…

IMG_2766.jpg

こっちも十分水耕栽培して根が出た常態で水没。そして同じように2週間で全て溶けました。ああ、もったいない…

ということで、サボテンの水中化は失敗でした。あきらめます!

でも、実際水没させてもなぜか大丈夫なサボテンが我が家にあるのも事実だったりします。

IMGP2992.jpg

水が無くなったら水没させるまで水を入れる、と雑に管理しているこのサボテン。これは未だに枯れてません。品種のが問題なのか?育て方か?よく分かりませんが、来年もサボテンの水中化の研究は続けていこうと思っています。目標は2ヶ月水没!

【その2:ワサビは病気で全滅しました】
IMGP3205.jpg

AQUA-Uを使ったワサビ栽培、水槽改造したり、クーラー使ったり、ワサビ農家さんへ育て方を勉強しにいったりしたワサビウムプロジェクトですが、

IMG_2765.jpg

これが今の状況です!何もない!悲しい!

結論から言いますと、夏をなんとか越えた頃から、病気がいっきに蔓延しました。カビのような、粉のようなものが葉の裏にびーっしりと付いて、葉がどんどん黒くなって(写真が無くてごめんなさい)…はっきりいってグロかったです。もうこれ、リセットした方が早いな、と判断して、病原菌と一緒に中身を全て処分しました。ちくしょう!夏の電気代、すごい高かったのに!

水草の栽培だと病気らしい病気ってそういえばほとんどないんですよね。それに比べると農作物はやっぱ難しいのかなーと感じました。もちろんワサビウムはリベンジします!来年、より保温性が高い方法を考えて、リトライです。いつか自分のワサビでお刺身を食べるその日まで。

【その3:スマホが水没しました】
iPhoneが水没しました。その結果、電源が入んなくなっちゃったんですけど、何が問題かって、写真が全部消えてしまいました。サボテンの朽ち果てていく写真も、病気になったグロすぎるワサビの写真も沢山あったんですが、残念お見せできません。来年は水没させないように気をつけます。

そんなこんなで、すごい良いことも、それなりに悪いこともあった年でしたが、印象深い1年でした。来年もどうぞ加藤水槽をよろしくお願いいたします。良いお年を!





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしていただけると多少モチベーションが上がって、更新頻度が上がります。よろしくお願いします!



posted by katoget at 13:04| Comment(2) | TrackBack(0) | その他