2017年10月01日

作品のため、塗っては削り、また塗っては削り

C1DaudhUAAE_sNx.jpg

ちょっと間が開いちゃったけどあいかわらず水槽作っております!

8月から始めた次の水槽、前の記事でホームセンターで材料を買って、切ったってご報告しておりますが、

IMG_0477.JPG

IMG_0479.JPG


それを組み立てました。

IMG_0915.jpg

でかい椅子、みたいですね。

IMG_0910.jpg

完成をイメージしてビンを置いてみる。おおお、いい感じになりそう。テンション上がります。とはいえ、ものはまだまだ未完成。がんばって組み立てる前に削ったり形を整えましたが、それでも組むと微妙にずれてます。

IMG_0911.jpg

こんなふうに。これは今回の作品ではNGな感じです。ピターっと、無機質に、幾何形体に仕上げたいのです。ですので、このはみ出た部分を削り落とします。

IMG_0912.jpg

こんな感じで削りたくないとこに、薄いステンレス板でマスキングして、

IMG_0913.jpg

はみ出た部分をサンダーととかで削り落とします。こうすることで、はみ出た部分だけ削れるわけですけど、むちゃくちゃしんどいです。なにより危ないです。結局最後はステンレス板外して、調整しながら削るんで、あんまり意味ないしおすすめはできません。とはいえ、ステンレス板に穴が開くくらいは使いまくり、なんとかツライチっぽくなりました。

そして次の工程、塗りに移ります。

IMG_1607.jpg

塗りました。塗るだけは簡単です。でも厚い塗膜にしたいので、表も裏も、何回も塗ります。片面だけ塗ると、塗った面側に反りやすいので、反らせたくない場合は意味無くても全面塗っておきましょう。で、いっぱい塗ったら、

IMG_1609.jpg

塗料を削ります。塗った塗料を箇所を延々と削り落とすのです。これは本当に骨の折れる作業です。

Q:なぜ塗った塗料を削って落とすんですか?どMですか?
A:最終的に石膏のようなマットな質感と、無機質な形状を目指しているので、板の微妙な凹凸を無くし、表面をつや消しにするために削っています。

淡々と何時間も削り、その後凸凹を補修し、何日もかけてまた塗り、その後何時間もまた削ります。まるで賽の河原の石積みのよう。最後にマット系のスプレーでコーティングして完成するはずです。もうちょっとでこの作業も終わると思うので、もうちょっとがんばります。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしていただけると多少モチベーションが上がって、更新頻度が上がります。よろしくお願いします!



posted by katoget at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作関連

2017年07月30日

園芸と、結晶作りと、水槽作りの夏

IMG_0184.jpg

夏です!海もいいな〜山もいいな〜!どこ行こうかなー!

IMG_0153.jpg

やっぱ家ですよね。だって家のベランダ植物たちが元気いっぱいなんだもの。あぁ夏最高。エアコン効いてるし、家を一歩も出ないぞ。

IMG_0165.jpg

去年流木に植えつけたオオタニワタリが上向きに葉をつけた。環境に適応してくれたんだろう。枯れて黄色くなった葉っぱもダラーっとしていい味でてるなー。

IMG_0161.jpg

これは去年買った300円のコチョウラン。流木にくっついて花まで咲いてくれたよ。あぁ美しい。

たまに「洗濯干すスペースあるんですか?」と聞かれますが、あります。

IMG_0405.jpg

IMG_0410.jpg

ちょっと洗濯物さんは肩身狭い感じですが、まぁそれは仕方ないです。

IMG_0170.jpg

おや、よくよく見たら、サツキが半分枯れて茶色くなっちゃってる。春先に水をやらなさ過ぎたせいです。すまんサツキ。

IMG_0197.jpg

ちょうど植え替えの時期だったので、植え替えます。サツキは根詰まりを防ぐために2年に1度は土を全とっかえしましょう。

IMG_0200.jpg

植え替え完了。ん、なんか茶色い葉っぱも味があっていいなこれ。

IMGP019601.jpg

ちゃんと撮影してみた。まるでオレンジ色の花が咲いたようだ。鹿沼土の黄色とも響きあうな。とは言え枯れれば当然花つきも悪いので、来年は枯らさないように気をつけます。

さて、加藤水槽は園芸植物に没頭しているだけでなく、もちろん制作活動もしています。最近はもっぱら結晶化標本の作成です。

IMGP0261.jpg

IMGP0274.jpg

IMGP0284.jpg

IMGP0285.jpg

どうですか綺麗でしょう?ちょっと前からやっている人工結晶製作から研究を継続して、今は本物のドライフラワーに美しい結晶がつけられないか挑戦しています。なかなか難しいけど、楽しいなぁ。

こんな感じで製作欲求も満たされている今日この頃です。ですが、これでは「加藤水槽」としてのブログとしてはどうなんだろう。「水槽」関係0。いかん。

C1DaudhUAAE_sNx.jpg

ということで、久しぶりに少し本格的な水槽製作始めました。色々素材が揃ってきたのです。このイラストは今年の正月に暇すぎて実家で描いた物だけど、これを実現化するよ。

Cpphm7jUEAA7Jt0.jpg

このデカイ瓶をろ過層にしようと思うんですよ。色々なリングろ材入れて、見て楽しいろ過、的な。

000.gif

寸法的にはこんな感じ。

IMG_0477.JPG

IMG_0479.JPG

で、今日ホームセンターで加工してきました。歩けるところにホームセンターできたのでマジで感謝です。

秋には完成するんじゃないかなーと思います。お楽しみに!





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしていただけると多少モチベーションが上がって、更新頻度が上がります。よろしくお願いします!



posted by katoget at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作関連

2017年06月29日

光るキノコのランプ、バナナみたいな植物のランプ

IMGP999201psd03.jpg

遅い梅雨入りって感じで、最近は雨ばかり。雨が降ってジメジメしてくるのを喜んでるのはカタツムリと菌と加藤水槽くらいでしょうか。あと植物かな。

IMGP0157.jpg

時々増えるランプ水槽ですが、今はバナナプラントなんかがあったりします。もちろんバナナじゃないので食べれませんが、根っこの部分がバナナみたいでしょ。

IMGP0171.jpg

バナナみたいなところで栄養を貯めているそうです。なので暖かい季節なら水に入れとけば枯れることはまずありません。水道水でいいんで新鮮なお水で、直射日光で茹で上がらないようにだけ注意すれば秋まで余裕で楽しめます。毎日水やる観葉植物より楽です。

さて、植物もカビも育ちやすいこの季節、植物はもちろんミョウバンやら硫酸銅の結晶を育てるのにも興味を持つ加藤水槽ですから、『菌』を育てることに興味を持つとしてもなんら不思議ではありません。そんな加藤がインターネット上で「光るキノコの栽培キット」があるという情報をゲットしてしまいた。

ヤコウタケ栽培キット
※今年の販売は終了してます。

「光るキノコなんて、ランプに入れるために存在してるようなもんじゃん…」と、偏った思考回路が全速力で回転してしまったので、これは育てないわけにはいきません。早速セットを入手しました。

IMG_9656.jpg

栽培キットは専用の容器と腐葉土等がセットされていましたが、一瞬で専用容器を捨て、なんの躊躇もなくランプのガラスホヤに土をセットしました。思いの外、適量です。セットされてた容器のフタは雑菌が入らないようにするために紙のフィルターが付いていたので、これは活用してガラスホヤの上にセット。ぴったりじゃん…ランプで育てるための栽培キットなんじゃないかこれ…

※ランプ自体の加工はコチラの記事を見てね。

IMG_9915.jpg

セットして2週間、幼菌が出てくる。小さい白いポッチが幼菌です。

IMG_9931.jpg

その2日後、幼菌がパンパンになる。もうすぐ光る…

そしてその翌日、

IMGP9964.jpg

IMGP9970.jpg

ヤコウタケ、光る!

IMGP9952.jpg

IMGP9958.jpg

ランプの中に光るキノコ。ちょっと暗いけど正真正銘キノコのランプです。

IMGP0006.jpg

IMGP0009.jpg

2個作ってたりします。

IMGP0025.jpg

この写真が一番お気に入り。朝の4時に起きて、真っ暗闇から少しずつ明るくなる外の光に合わせて、ヤコウタケも撮影。ランプもヤコウタケも綺麗に撮影するのはとっても難しかったけど、楽しかったー!

ちなみにこのヤコウタケ、2日ほど光ったあと萎れてしまいますが、数週間後にまた生えてきたりします。マジで面白いので来年は是非みなさんもヤコウタケランプにチャレンジ!





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑クリックしていただけると多少モチベーションが上がって、更新頻度が上がります。よろしくお願いします!



posted by katoget at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 園芸